滑る練習をするためには、傾斜を上らなくてはなりません。そこで斜面を上るコツを紹介します。傾斜を上るときは斜面に対してスキーを真横にして上ります。斜面の上側(山側)のエッジを雪面に食い込ませると、スキーが横滑りせずバランスを保てます。

横歩きで斜面を登る

基本の上り方は、スキーを平行にしてカニのように横歩きする方法。スキーを平行にして斜面の上側(山側)に一歩踏み出し、重心を移動させたら下側の足を引き寄せます。この動作を繰り返して斜面の上に一歩ずつ登ります。

スキーは平行の状態にすること

スキーは必ず斜面に対して真横すること。トップ(先端)やテール(後ろ側)が斜面に対して下に傾くと、その方向に滑ってしまいます。上りたい方向にやや体を傾けるとエッジが傾き、スキーが安定しやすくなります。

板をV字にして登る

スキーをV字にして上る方法もあります。斜面の上を向いてトップを開き、ポールはスキーの後ろ側に刺します。テールを踏まないようにV字のまま足を左右交互に出し、ポールで体を押しながら斜面を上がります。この方法を覚えると、スピーディーに斜面を上れるようになります。
photo & text : Chiho Kuriyama

インプレイ© ImPlay, Inc.