滑るときの基本のポーズはスキーをV字に開いた状態。テール(板の後側)を開いてこのポーズを作ります。斜面で滑る前に、平地でV字にする感覚を掴んでおきましょう。

片足だけカカトを押し出す

両足をV字に開く前に、片足ずつスキーを動かす練習をしてみましょう。スキーを平行にしたまま肩幅程度に両足を開き、右足のスキーのテール(板の後ろ)を外側に押し出します。

反対側も同じように開く

反対側も同じように、スキーを平行にした状態からテールを開いて見ましょう。なるべく体の中心がズレないように左側のスキーのテールを押し開いていきます。

両足のテールを押し出して板をV字にする

今度は両足のテールを開きます。真っ直ぐ立った状態から両スキーのテールをゆっくり押し開き、スキーの板がV字にします。片方だけ開きすぎたりせず、左右対象になっているのが理想的です。

トップが交差しないよう注意

トップが重なるとスキーのコントロールができなくなります。内側のエッジで雪面を削るイメージでV字にします。

ヒジを曲げないように

内股になると脚部の動きが制限されて、スキーがきれいに開きません。スキーをきれいなV字にできないときは、フトモモを大きく広げるイメージで挑戦してみましょう。

周辺エリアの記事一覧

How To Ski関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.