スキーを履くことに慣れないうちは、バランスを崩して転ぶことあるでしょう。転び方も上手な方法を覚えておくケガの防止に繋がり安心です。起き上がり方にもコツがあるので、合わせて覚えておきましょう。

転ぶときはお尻から

転ぶときは、立った状態から斜め後ろに向かってお尻から転びます。転ぶときは無理に手をついたりせず、お尻を雪面につけましょう。このときお尻は両足の外側につけること。スキーの間にお尻をつくと、止まらずにそのまま滑って行ってしまいます。

立ち上がるときは体に板を近づける

立ち上がるときはスキーを体に近づけ、平行に揃えます。このとき、スキーは斜面に対して横に揃えること。雪面に手をついてスキーの上に重心を移したら、足を踏ん張り、ポールの支えも利用して立ち上がります。平地で立ち上がる練習をしておくと安心です。

板は斜面に対して横にそろえる

立ち上がるときに足が開いていると、スキーが滑ってスムーズに立ち上がれません。スキーは平行にして体に近づけ、安定した状態で立ち上がります。

板をそろえる方向に注意

揃えたスキーは斜面に対して垂直なっていることを確認しましょう。これはNGな例です。トップが斜面の下にやや傾いているので、立ち上がろうとするとスキーが滑り出してしまいます。スキーが安定しないと思ったら、斜度に対して真横になっているかどうか確認を。

周辺エリアの記事一覧

How To Ski関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.