片足スキーで滑る感覚に慣れたら、いよいよ両足にスキーを装着します。まずは平地を歩いたり、方向転換したりしてスキーの長さに慣れていきます。そのコツを紹介していきましょう。

その場で回ってスキーの長さを確認

最初は平地に立ったまま、その場でぐるりと一回転してみます。トップを開いて、反対側の足を引き寄せる動作を繰り返して回転します。右回り、左回りの両方を行ってみましょう。

板を踏まないように注意

回転するとき板を踏むと、足が持ち上がらず動けません。とくに見えない後ろ側は板を踏みがち。足の前と後ろに長く板が伸びていることを意識し、足の踏み出しや引き寄せを行います。

平地を歩く

両足にスキーを履いた状態で、平地を歩いてみます。足を持ち上げてスキーが雪面から浮いてしまわないよう注意。雪面にソール(板の裏)をつけたまま、スキーを滑らせながら歩いていくのがポイントです。

スキーを滑らせながら大股で歩く

やや大股に足を開き、スキーを滑らせながら進んでみましょう。腕を大きく振り、前に滑らせたスキーに体重を乗せるのがコツです。ここまでできれば、平地でスキーを履いて移動するのはもう完璧です。

NGな状態

歩く時、体が後ろに傾いていると、スキーのトップ(先端)が持ち上がりうまく前に進めません。おへそを雪面に向けるように意識して歩いてみましょう。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.