スキーブーツに慣れたら、次はスキーに慣れます。いきなり両足から履かず、まずは片足だけにスキーを装着し、滑る感覚を確かめていきます。

そのまま歩いてみる

片足だけスキーを履いたら、平坦な雪の上を歩いたり方向転換したりします。足の前後に板の長さがある分、動きが制限されるはずです。その感覚を確認しましょう。

蹴りだしてスキーを滑らせる

今度はブーツで雪面を蹴り、スキーを履いている方の足に前に滑らます。このときスキーを履いている足に体重をかけます。両手を前に出すと前に進みやすくなります。スキーの動きに合わせてうまくバランスを取り、「雪の上を滑る」感覚に慣れていきます。バランスを崩しそうになったら、スキーを履いていない足を雪面に着けば安定します。

後傾にならないように注意

スキーが滑る動きに上体がついていかないと後傾になり、転んでしまいます。上体を反らさず、おへそを常に雪面に向けるイメージでチャレンジしてみましょう。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.