スキーはいきなり滑らず、用具に慣れることからはじめます。スキーブーツは厚いプラチック製なので重量感があります。この重さに慣れるため、足踏みしたりジャンプしたり、走ったりしてみましょう。では、ブーツに慣れるコツを紹介していきます。

足踏みする

ブーツを履いたら雪上に立って足踏みをしてみましょう。モモを高く上げて足踏みするのがコツ。繰り返してスキーブーツの重さに慣れていきます。

その場でジャンプ

無理のない範囲で上体を低く沈め、そのまま真上に向かって思いっきりジャンプします。しゃがんだときに後ろに倒れないよう、足首とヒザをしっかり曲げましょう。

履いて歩き回る

ブーツのまま雪の上をあるきまわってみましょう。雪は柔らかいので足がとられたりバランスを崩したりしますが、その感覚に慣れることが大切。雪が凍っていない平坦な場所で練習するのがおすすめです。

雪の上で走ってみる

雪面を走ってみましょう。この時もヒザや足首を曲げるよう意識すると走りやすくなります。ブーツが重くて走りにくければ、足持ち上げて前に投げ出すようなイメージで行います。

ジャンプして足をV字に開く

スキーの基本の滑り方は、板をV字いた方法です。スキーを履く前にそのポーズを練習してみましょう。つま先を前に向けて足を揃えて立ち、ジャンプして足をV字の形にします。

カカトを押し出す

今度は足の裏を雪につけたまま、足をV字の形にしてみましょう。つま先を前に向けた状態からブーツのカカトだけ雪面を滑らながら開きます。カカトを広げたときも、つま先は開かないことがポイント。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.