はじめてのスキーは、雪の感覚や道具に慣れるのが大変です。スキー場のどこで、どうやって滑ればいいのかわからないかもしれません。そこで、滑りを練習するときのポイントや注意点などを紹介します。

いきなりリフトに乗らない

スキー場には初心者用コースむけの緩斜面がありますが、まったくスキーをしたことがない人がいきなりリフトに乗ってコースに出るのはおすすめしません。スクールに入るか、もしくはリフト乗り場下の平地に近い場所でスキー体験をはじめましょう。

最初は平地でスキーに慣れる

最初はリフト乗り場下など、ほぼ平地に近い場所でスキーに慣れることからはじめましょう。斜度が緩い場所はスピードが出にくく練習に最適。スキー場によっては、ネットで仕切られた安全な場所で滑りの練習ができる、「初心者エリア」を設けていることがあります。

練習は人が少ない場所を選ぶ

滑りの練習をするときは、人通りが多い場所を避けましょう。とくにスピードを出したスキーヤー・スノーボーダーが通る場所は衝突などの危険があるため危険です。コース脇など、人が少なく斜度のゆるい場所が最適です。

コースのレベルを確認

スキー場のコースレベルは、初級、中級、上級に分かれています。コースマップやコース内の案内板でコースレベルを確認し、自分の技術に合ったルートを選びましょう。滑りに自信がないうちは、上級者向けの急なコースは避け、初級コースでのんびりスキー・スノーボードを楽しむのがおすすめです。

緩斜面から挑戦していく

初級コースは斜度が緩くスピードが出にくく、減速したり止まったりしやすいので練習にぴったり。自分でスキーをコントロールしやすく、安心して滑れます。慣れないうちは緩斜面で無理なく滑り、少しずつステップアップしていきましょう。

スクールも利用するといい

はじめてスキーをするなら、スキー場のスクールでレッスンを受けるのがおすすめです。知識豊富なインストラクターが、滑る、止まる、曲がるといった基本から丁寧にわかりやすく教えてくれ、自分だけで練習するよりも早く上達できます。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.