ポールは滑走時にターンのタイミングを図ったり、バランスをとるために使います。ほかには、平地を進んだり斜面を登るときにも役立ちます。ポールを間違った持ち方で使用する人が多く、ここで正しい持ち方や長さの選び方など使い方の基本を覚えておきましょう。

ポールの役割

ポールは滑走時にターンのタイミングを図ったり、バランスをとるために使います。滑走時は雪面に刺すというより、軽く突く程度です。ほかには、平地を進んだり斜面を登ったりするときにポールが役立ちます。

長さの決め方

ポールは身長に合わせて長さを選びます。長すぎず、短すぎない適度な長さがベストです。目安はポールを逆さまに持って付いたとき、ヒジの角度が90度以下になっていること。長さ調節機能のついたポールもあり、ベストな丈に合わせることができます。

ポールの持ち方

ポールを使用するときは、手首にストラップを通しておきます。ポールには正しい握り方があるので覚えておきましょう。まず、ストラップの輪の下から手を通します。
そのままストラップごとグリップを握ります。ストラップは手の平の内側にくるはすです。
これが正しい握り方。こうするとストラップにも体重がかかり、ポールを支えにするときに便利です。

NGなポールの持ち方

ストラップの上から手を通すと、ポールから手を離したときに外れやすくなります。逆に、ポールを指したときは抜けにくく、手首を痛めてしまうことも。紛失やケガなどのアクシデントを防止するためにも、正しい握り方を習慣づけておきましょう。

ポールはこんな時に便利

平地を移動するときや、斜度がゆるくてスキーが進みにくいとき、ポールがあると便利です。ポールでこいで推進力を利用するため無駄な体力を抑えられ、スピーディに移動することができます。斜面を登るときに杖として使うなど、ポールはいろんな場面で役立ちます。

危ないポールの使い方

ポールは扱い方に注意しないとケガを誘発します。例えば、スキーが進んでポールを刺して止まろうとする人がいますが、これはとても危険な行為。ポールを刺してもスキーが止まらず、グリップが顔や胸に当たることがあるからです。スキーを操作して、減速して止まるようにしましょう。

ポールは振り回さない

バランスを取るためにポールを振り回す人がいますが、これも危険行為です。ポールはアルミやカーボンなど硬い金属でできており、周囲の人に当たるとケガをさせてしまいます。振り回したり、人に当てたりしないよう注意を払いましょう。

慣れないうちはポール無しでもOK

初心者や子供など、滑りに慣れないうちはポールが邪魔に感じることも。ある程度滑れるようになるまでポールを持たずに練習してもいいでしょう。両手が自由に使えて上体が動きやすくなり、ポールでケガをしたり人にケガをさせたりするリスクも減らせます。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.