はじめてゲレンデでスキーをする場合「何を準備すればいいの?」「ゲレンデでの注意事項は?」など、分からないことだらけですが、スキーをするのに必要な用具やその使い方、ゲレンデやリフトでのマナーといった基本情報を抑えておけば、スキーがもっと安全に楽しめます。

スキーに必要な用具

スキーで必要な用具は、スキー(板)、スキーブーツ、ポールの3つ。用具は自分で買い揃えるか、スキー場のレンタルコーナーで借りて利用します。

スキーの名称1

スキーの板にはブーツを固定するビンディングという金具がついています。また、スキーは進行方向側を「トップ」、後ろ側は「テール」と呼んでいます。スキーを練習するときは「テールを開く」、「エッジを立てる」などの用語が出てくるため、まずは用具の名称をしっかり覚えておきましょう。

スキーの名称2

スキーの裏側の面のことは「ソール」と呼んでいます。スキー板の裏の両端には「エッジ」という金属がついており、ターンやとまるときに、このエッジ部分を使ってスキーをコントロールします。

ストッパーの役割

スキーを履くとき、ブーツを固定するのがビンディングです。ブーツのサイズに合わせてビンディングの幅を調節します。ビンディングにはストッパーというバーが付いており、ブーツを脱ぐとバーが飛び出し、板が滑っていくのを防ぎます。

スキーブーツの名称

スキーブーツはプラスチック素材などでできており、スノーボードのブーツよりも硬いのが特徴です。ブーツの締まり具合を調節するバックル(留め金)が2つ~4つ付いています。ブーツ上部にホールド感を高めるベルトが付いたものもあり、これらを調節して適度な締め具合にします。

ポールの名称

スキーをするときはポールを手に持ちます。ポールが埋まりにくいよう、「バスケット」という輪が付いており、ストラップに腕を通してグリップを握って使います。柄の部分は「シャフト」と呼びます。

用具はレンタルもできる

スキーやスノーボードなどの道具、ウェアはわざわざ購入しなくても、スキー場のレンタル施設で借りられます。用具のレンタルは、スキーとスノーボードのセットが基本です。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.