ゴーグルはレンズカラーで可視透過率が変わり、快晴、曇り、降雪、ナイターなどシチュエーションに合わせて使い分けるのがベター。偏光レンズは雪面のギラつきを抑え、コントラストをはっきりさせて視界を提供します。球面レンズは歪みのない視界、平面レンズはワイドビューなどの特性はさまざまです。

スキーゴーグルレース・エキスパート

ゲレンデでは雪や風だけでなく、空と雪面の照り返により上下から紫外線を浴びるため、目の保護はとても大切。特にレーサーやエキスパートスキーヤーは雪面変化を素早く捉えることが必須です。機能性の高いゴーグルなら、常にクリアな視界を提供してくれます。
特徴:
レーサーやエキスパートはハードバーンや急斜面をスピーディーに駆け抜けるため、フレームもレンズを高機能なことが求められます。特にレーサーはヘルメットを着用して滑るため互換性のあるモデルが必須です。
メリット・デメリット:
レンズが曇りにくく、常に快適な視界を確保。顔や目をしっかりプロテクトしくれる強い味方です。対応モデルならヘルメット着用時もフレームがぴったり顔にフィット。機能性が高いため必然的にコストも高くなります。
おすすめシーン:
悪天候の日やナイターなど、あらゆるシチュエーションで滑るアクティブなスキーヤーは高機能モデルがおすすめ。降雪時や霧など湿気の多い日は特にレンズが曇りやすいため、機能性が視界の良さを左右します。

スキーゴーグル小顔・女性向け

ゴーグル選びのポイントはフィット感。装着時に鼻の下にスキマができるとレンズが曇りやすく視界が悪くなってしまいます。女性や小顔の人にジャストフィットするのは、フレームが小さめに設計されているタイプ。最近はファッション性をプラスした女性専用モデルも増えています。
特徴:
カラーやデコレイトなど女性らしいエッセンスを加えたレディース専用モデルは大人気。雪山を彩るファッションアイテムとして活躍します。ユニセックスタイプの小さめフレームなら小顔の男性にもぴったりです。
メリット・デメリット:
小さな顔にもジャストフィットし、レンズが曇りにくいのが一番のポイント。女性専用モデルは充実していますが、ユニセックスタイプはやや少なめで、小顔の男性は選択肢が狭いかもしれません。
おすすめシーン:
かわいい系・クール系などさまざまなデザインが出ており、ギアやウエアに合わせてトータルでファッションを楽しめます。流行に敏感なお洒落ガールはマストアイテム。

スキーヘルメットレースシングモデル

コンマ1秒を争うシビアなレースシーンでは、ヘルメットで頭部をプロテクトすることが大切。レースで使われるのはコンクリートのように引き締まったカチカチのバーン。頭全体をすっぽり覆う強固な形状で、保護しなければ危険なのです。
特徴:
レース用のヘルメットは耳まですっぽり覆う形状にすることで、プロテクト効果を高めています。顔にポールが当たるのを防ぐチンガードが装着できるモデルもあり、外部のさまざまな衝撃から頭部をしっかり保護します。
メリット・デメリット:
ベンチレーション機能を備えているものの、フリースタイルモデルより密閉度が高く、ムレやすいというデメリットがあります。その分、プロテクト性能が高いというのは確かです。
おすすめシーン:
ヘルメットの着用が義務付けられたレースもあるので、競技スキーヤーにとってはマストアイテム。ゲレンデスキーを好む人も、ヘルメットを着用したほうが安心して滑りを楽しめます。

スキーヘルメットフリースタイルモデル

ヘルメットは、モーグラーだけでなく、キッカーやジブなどパークで遊ぶパーク派にも着用してもらいたいおすすめアイテム。フリースタイル用のヘルメットは軽量設計でベンチレーション効果も高く、カラーリングやデザインもオリジナリティ溢れたモデルが揃っています。
特徴:
ソフトなパッド状のイヤーフラップを装備するのがフリースタイルモデルの特徴です。着脱式で、春先や室内ゲレンデなど温かい場面では取り外して使用することも可能。
メリット・デメリット:
カラーリングやペイントがお洒落で、ゲレンデで目を引くスタイリッシュなモデルがたくさんあります。頭部が重く感じ、締め付けられるのが苦手という声もありますが、ケガ防止のためにも着用したほうが安心です。
おすすめシーン:
モーグル、パークのほか、バックカントリーでの使用も可能。頭部の保護はもちろんのこと、寒い日でも保温性が高くゴーグルに雪が入りにくいという利点もあり。

用語集

イヤーフラップ

フリースタイル用のヘルメットに装着されている、耳部分のパッド。着脱式が多く、イヤホンを内蔵できるタイプも出ている。

インナーシェル

メンブレンやプリントなどを熱などで圧着する方法。縫い目がないのが特徴。

インナーパッド

ヘルメット内部のパッドのことで、衝撃吸収性がある。取り外して、フィッティング調節できるものも多い。

シェル

ヘルメットの外側部分。シェルの素材が強度や耐久性を左右する。

ジョイント

フレームとストラップを繋ぐジョイント。ヘルメット対応に装着していることが多く、ジョイントが可動することでフレームが浮き上がるのを防ぐ。

ストラップ

ゴーグル⇒ゴーグルのベルト部分。長さを調節してフィッティングを変えられる。
ヘルメット⇒アゴ紐のこと。ヘルメットをしっかり固定し、頭部を保護する。パッド付きだと快適。

スポンジ

フレームに装着されているスポンジは顔に直接触れる大事な部分。スキマなくフィットしていれば、レンズが曇りにくい。

バックル

ゴーグルのストラップ部分に付いている留め具。バックルがないモデルもある。デザインの種類がとても多彩。

フレーム

レンズを覆い、顔もプロテクトしてくれるのがフレームの役割。視界の広さやフィット感は形状によりけり。

ベンチレーション

空気を取り込み、フレーム内の湿気や熱を排出するシステム。レンズの曇り防止に役立つ。

レンズ

ゴーグルでもっとも重要なのがレンズ。雨や風、有害な紫外線から目を保護する。カラーバリエーションが豊富で、色によって可視透過率が変わる。

インプレイ© ImPlay, Inc.