ブーツは一番こだわりたい重要アイテム。パワフルな滑りや快適クルージングなど、求める滑りでシェルの硬さを選ぶのが定石です。硬さは数値化され、同数値でもメーカーごとに微妙にフレックスが違い、インナーの性能によって履き心地も変わります。実際に履いてフィーリングを確かめるのが確実です。

レーシングブーツ

ハイパワー&ハイスピードな滑りに対応するレーシングブーツは、硬いバーンに負けないハードなシェルを採用。トップ選手からフィードバックされたノウハウがブーツの細部の機能まで行きわたっています。ラストがナローなものが主流ですが、近年はややワイドで履きやすいモデルも増えてきました。
特徴:
レーサーのパワフルな脚力に対応するため、シェル素材が非常に硬くなっています。インナーを薄くすることでブーツと足の一体感を高め、俊敏な操作性を発揮。ソールも硬めで力強いエッジングを可能にします。
メリット・デメリット:
強い力が加わってもシェルが歪まず、俊敏なレスポンス、細やかな操作性を提供。インナーが薄いため保温性が低く、さらに足をがっちり締め付けるため指先が冷えやすいという側面があります。
おすすめシーン:
レーサー志向のスキーヤーなら、ブーツはレーシングモデルにかぎります。ハイパワーなエッジングに負けない力強さは、高速時も安心。競技専用に考えられた実践的な機能はレースシーンでこそ生きるのです。

デモブーツ

テクニカル系からクルージングを楽しむゲレンデスキーヤーまで、幅広いニーズに対応するさまざまなモデルを展開。細やかな動きに対応する操作性、楽しく滑れる快適性など、あらゆるシチュエーションに対応する豊富なラインナップが揃っています。
特徴:
レーシングブーツを改良して、テクニカル向けにつくりかえたものがデモ向けのブーツ。理想的なポジショニング、俊敏なレスポンス&操作性、素材や形状からインナーの機能まで、すべて滑りやすさを追求した設計です。
メリット・デメリット:
整地やコブなど、どんな滑りにも対応する汎用性の高さがデモブーツの魅力。レベルに合わせた多種多様なモデルがリリースされており、選択肢が広すぎて、どれを選ぼうか逆に決めかねてしまうことがあります。
おすすめシーン:
エントリーからエキスパートまで、滑りの上達を目指すすべてのスキーヤーにおすすめできます。基礎練習やゲレンデクルージングなど、その日の滑りによって特性の異なるブーツを使い分けるという手もあります。

フリースタイルブーツ

エアでの着地を考慮し、インソールやタンなど各部の衝撃吸収性を強化したのがフリースタイル用のブーツの特徴。適度なフレックスと剛性を融合し、激しい動きにもばっちり対応。さらに、カラーリングやデザインがお洒落な点も見逃せません。
特徴:
コブ、キッカー、ジブなど、フリースタイルスキーヤーのフィールドは実に多彩。適度なフレックスをもたせることで、足首の動きが自由になり、どんな動きにも対応できるのがフリースタイルブーツのいいところ。
メリット・デメリット:
フレックスが比較的ソフトに設定されているため、硬いバーンや高速カービングではやや不安定さを感じます。しかし、モーグルやパークなどアクティブな動きにおいては、性能をフルに発揮します。
おすすめシーン:
モーグルやパークのみならず、地形遊びにも有効。雪山をまるごと楽しみたい行動派に一押しです。ゲレンデで目立つ、オリジナリティ溢れるデザインも楽しみましょう。

レディースブーツ

メンズモデルをグレードダウンしたものではなく、女性向けに再編成された機能をきちんとキープ。ブーツの高さ、インナーの快適さ、保温性など、すべて女性専用に設計されています。ゴールドやマットカラーなど、スタイリッシュなカラーリングが増えていることもうれしいかぎり。
特徴:
女性向けのブーツには、ふくらはぎ部分の圧迫感を軽減し、クッション性を高めたインナーが多く使われています。シェルのデザインやカラーも女性らしさを意識し、それでいてスペックが高いことが好評です。
メリット・デメリット:
フレックスや構造を工夫し、女性でも簡単に足入れしやすいようになっています。起毛素材のソフトなインナーを装備するなど、着用感や保温性のよさも魅力。好みのよってはインナーの軟らかすぎると感じる人も。
おすすめシーン:
ビギナー向けだけでなく、上級者モデルまで女性用のブーツはすべて快適仕様。足先が冷えやすい女性にはぜひお試しを。

用語集

アッパーシェル

ブーツの上部のパーツ。近年はカービングの滑りに対応し、この部分に傾斜をつけたものが増えている。

インソール

ブーツの中敷きのことで保温性、反発性などさまざかな機能をもつ。別売りのカスタマイズできるインソールを使用するとフィット感がさらにアップ

インナー

アウターの内側部分。アウターが同じ硬度でもインナーの機能でフィーリングが変わる。紐で締めるタイプも多く、プレート内蔵型もある。

オフセット

最初からつま先が外側に向くよう設計されていることをオフセットという。良し悪しがあるので好みにが分かれる。

カント

ヒンジ部のネジ穴のことで、専用工具で回してブーツを外側・内側に傾け、X脚・O脚でもまっすぐ踏み込めるよう調節する。

コバ

バインディングにはめ込む、つま先とカカトの突起。

サーモインナー

加熱することで、自分の足形に合わせてカスタマイズできるインナー。熱成形インナーともいう。

シェル

ブーツの外側のブラスチック部分。素材を変えることで微妙なフレックスの違いを作りだす。

スポイラー

シェルとインナーの間に挟み込み、前傾角度を調節するパーツ。衝撃吸収性を備えたものもある。付属するモデルもあるが、ほとんどが別売り。

ソール

ブーツの裏の部分。ソールにも硬さ・軟らかさを変えることで、足回りの安定性やパワー伝達に微妙な差をもたせている。

タン

ブーツのスネ部分。

バックル

ブーツを締める金具。基本は4つだが、フリースタイル、レディース、ジュニアなどのモデルは個数が少ないタイプもある。

パワーベルト

スネ部分にあるベルトのことで、締めるとさらにホールド感がアップ。別売りのベルトに変えて、締め付け具合を変えることも可能。

ヒンジ

アッパーシェルとロアシェルをつなぐ蝶番部分。ここにカントが付いている。

ラスト

ラストとは靴型のことで、このサイズがそのまま靴幅を指すことになる。ナロー、ミディアム、ワイドなどラストの幅がフィット感を左右する。

ロアシェル

下部のパーツ。力が横方向に逃げないよう、くるぶし、カカト部分の剛性はメーカーでいろいろな工夫がされている。

サーモインナー

加熱することで、自分の足形に合わせてカスタマイズできるインナー。熱成形インナー、ヒーティングインナーともいう。

フォーミングインナー

ウレタン樹脂の液体を流しこんでインナーを足の形に合わせてカスタマイズするインナー。

ぐるなび© Gurunavi, Inc.