スキーとバインディングの種類や用語について解説します。

用語集

ウエスト幅

センター幅のこと。

エッジ

ソールの周囲を縁取る金属部分。エッジが雪面に食い込むことでスキーの操作性が上がる。

解放値

バインディングは負荷がかかると外れるようになっており、その強さを表すのが解放値。レベルや滑るスタイル、体重などから数値を算出する。

滑走面

ソールのこと。

キャップ構造

スキーの側面までトップシートで覆った構造。エッジへのパワー伝達がしやすいのが特徴。

キャンバー

スキーの反りのことでベントとも呼ぶ。ロッカースキーの登場により、従来のスキーをキャンバースキーと呼ぶようになった。

サイドウォール

スキーの側面ある配置されたパーツ。キャップ構造にはこれがない。

サイドカーブ

スキーの側面のカーブ。サイドカット、R(アール)ともいう。サイドカーブの数値が大きいと直進性に優れ、小さいと操作性が高まる。

サンドウイッチ構造

コア材を層にした構造で、フレックスやトーションなどコアの性能がダイレクトに出やすい。スキーの側面にサイドウォールがある。

ストッパー

バインディングのサイドに付属するバー。バインディングが外れたときスキーが滑っていかないようブレーキをかける役割がある。

ストラクチャー

ソールの裏に入った細かい溝のこと。滑走面の水分を排除する役割をし、溝の形状により滑走性が変わる。

センター幅

スキーのセンターのもっとも細い部分。この幅が操作性、滑走性、安定性に影響するためスキー選びの目安になる。センター幅と呼ぶこともある。

全長

スキーの長さ。レングスとも呼ぶ。大回り、小回りなど滑りのスタイル、レベルによって長さを選ぶのが基本。

ソール

スキー裏面。滑走面ともいう。素材やストラクチャーによって滑走性能が変わる。

チップ

スキーの先端部分。

ツインチップ

ノーズとテールの形が同じスキー。フリースタイルスキーにこのタイプが多い。

テール

スキーの後ろ側の先端部分。

トーション

スキーの横方向のねじれの強度。トーションが硬いか柔らかいかで、エッジの食い込みやズレが変わる。

トップ

スキーのつま先側の先端。フリースタイルスキーではチップとも呼ぶこともある。

トップシート

バインディングを装着するスキー表面のこと。またはスキー表面を覆うコーティングを指すこともある。

バインディング

ブーツを装着する金具。近年はスキーとバインディングが一体化したタイプが多い。ビンディングとも呼ぶ。

プレート

スキーとバインディングの間に挟み込む板。振動を抑え、エッジの角付けを容易にする。スキーに装着されたものがほとんどだが、単体でも売っている。

フレックス

スキーがしなる柔らかさのこと。ソフトなものが扱いやすくエントリー向けだが、高速時はバタつくため中・上級者は硬めを好む。

ベント

スキーの反りのこと。ロッカースキーの登場により、反りのことをキャンバーと呼ぶようになってきた。

ロッカー

スキーのトップの反りが一般的なスキーより反っている形状のこと。キャンバータイプよりソールの接地面が少なくなる。

有効エッジ

滑走時に接するエッジの長さ。全長が同じサイズでもモデルによって有効エッジの長さが変わる。

How To Ski関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.