リフトは空中散歩ができる楽しい体験です。しかし、利用時にはさまざまなマナーがあります。最低限のマナーを守って、周囲の人に迷惑をかけることなく、安全にリフトに乗車しなければいけません。

リフトは静かに乗車する

リフト乗車中はセーフティバー下ろし、搬器を揺らしたりせず、静かに乗車します。スキーやスノーボードをブラブラさせると、支柱や木に当たって危険です。とくにスキーはバインディングが外れて落下することがあります。

リフトを揺らさない

リフトを降らすと他の人の搬器まで揺れ、ワイヤーから搬器が外れて落下する事故の危険があります。

ゴミを捨てない

リフトからゴミを捨てるのは厳禁。ゴミはセンターハウスなどに設置されたゴミ箱に必ず捨てましょう。

飛び降りない

リフトから飛び降りるのは非常に危険な行為です。また、基本的にリフト下はコース外となるため、リフトから飛び降りてケガした場合は救助が困難になります。

タバコは喫煙コーナーで

リフトやコースは禁煙エリアです。喫煙は可能な場所は、レストランやセンターハウス周辺に設置された喫煙コーナーに限られています。

周辺エリアの記事一覧

Rules & Manners関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.