スキーやスノーボードに必要な用具はスキー場のレンタルコーナーで借りられます。スキーならスキー(板)とブーツとポール。スノーボードならボード(板)とブーツ。ウエアもレンタル可能です。用具は単品またはセットで借りることができます。レンタルの手続きは、申込み用紙に身長や足のサイズなどの必要事項を記入して受付に渡すと、スタッフが用具を選んでくれます。利用の際は身分証明書の提示を求められるため、免許証や保険証、パスポートなどを持参しましょう。

レンタル品の番号を確認

用具にはそれぞれ管理番号が記入されています。自分の借りた用具の番号はきちんと覚えておきましょう。レンタル用具は同じデザインが多く、他の人のレンタルと取り違えを防ぐため、用具を使う前に管理番号を確認しましょう。

置いた板の場所を覚えておく

食事や休憩をするときは用具を決められた場所に置きます。たくさんの人の用具が並んでいるため、どこに置いたか覚えておきましょう。休憩が終わったまた使用する時は管理番号を確認し、他の人のレンタル用具を間違えぬよう注意を。

板が見当たらないときの対処方法

休憩などでレンタル用具をいったん置き、また使おうとしたとき、置いた場所に用具が見当たらない場合。まずは周辺をよく探します。それでも見つからなければ、他の人が取り違えた可能性があります。インフォメーションセンターやレンタルコーナー、レストランなどの最寄りの施設の窓口に相談しましょう。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.