気が向くままに好きな場所に立ち寄れるのが車の良いところ。車でスキー場に出かけるときの、良い点と気をつけたい点はどんなところでしょうか。

車で行くメリット

車の良い点はフットワークの軽さ。たくさんの用具を車に積んでいしまえば、あとは身軽に移動でき、スキー場の行き帰りに温泉や観光地、買い物など、行きたい場所に気軽に寄れます。また、複数人であれば、新幹線よりも交通費を低く抑えられる場合も。

必ずスタッドレスタイヤで行く

冬の道路は凍結しており、慎重な運転が必要です。マイカーの場合は、必ずスタッドレスタイヤに交換しましょう。レンタカーの場合は冬用タイヤを装備した車を手配し、できれば四輪駆動車を選びましょう。

チェーンもあると安心

固く凍結した路面は冬用タイヤでも走行が厳しい場合があります。タイヤチェーンも用意し、雪道走行の準備を万全に備えておきましょう。また、高速道路では全車両にチェーン装着規制を実施することもあります。その際は、冬用タイヤを装備しているか、チェーンを装着しなければ通行できません。また、雪山ではバッテリーが上がりやすいため、ブースターケーブルも携行することをおすすめします。

雪用のブラシも用意を

停車中、車に雪が積もることがあるため、雪を落とすスノーブラシを用意しておきましょう。ガラスの凍結にも対応する、スクレイパー付きタイプが便利です。ガラスやドアの凍結に備えて、缶タイプの解氷スプレーなど、雪山用のグッズを充実させておきましょう。

雪道運転の注意点

雪道はスリップしやすく、「急ハンドル」「急ブレーキ」「急加速」は禁物です。その日の気候で路面のコンディションも左右されます。雪道ならではの注意点を知り、セーフティードライブを心がけましょう。自分の技術や車の性能を過信せず、無理のない運転を心がけましょう。

雪道運転の心構え

まずは、雪山に出かける前に雪道運転に関する心構えをすること。車のタイヤは冬用に交換し、チェーンやスノーブラシ、融雪スプレーなどの雪山グッズを用意して、雪道運転に備えます。駐車中にバッテリーが上がることもあるので、出発前にガソリンスタンドでバッテリーチェックもしておきます。軽油は寒冷地で凍結することがあるので、ディーゼル車は不凍性の燃料を補充しておきましょう。渋滞に備えて、出発時に燃料を満タンにしておくと安心です。

注意したい場所

トンネルの出口や橋の上は、路面状況が変化する注意したい場所です。凍結している場所やカーブは手前で減速し、慎重に進みます。下り道はフットブレーキだけに頼らず、エンジンブレーキを併用しましょう。最近の車両はABS(アンチロックブレーキシステム)を搭載したものが増えていますが、依存しすぎずブレーキ操作は丁寧に。
轍や雪が凹凸になっている場所、シャーベット状の雪道はハンドルを取られやすいため、丁寧なハンドル操作で低速に進むこと。

スタックしたときの対処方法

「スタック」とはタイヤが雪などにはまって空転し、動けなくなってしまった状態です。抜け出す手段として、車を前後に動かして反動をつけたり、ハンドルを左右に大きく切ってから発車する方法があります。駆動輪の下に毛布やバスタオルを敷いて足場にするなどの方法もあります。
救助してくれる人がいれば牽引ロープで牽引してもらってもいいでしょう。救助者がいない場合は、ロードサービスなどに連絡して救助要請をしてください。

チェーンの着け方を覚えておく

タイヤチェーンは必ずタイヤサイズにあったものを選びます。チェーンはFFなら前輪、FRなら後輪と、必ず駆動するタイヤに装着します。4WDは構造で異なるため、各車両の説明書で確認してください。タイヤチェーンの装着方法は商品ごとに異なるので、困った時に装着するのではなく、事前に装着の練習をしておきましょう。
なお、チェーンを装着する際は、一般道なら安全な場所を選び、高速道路なら最寄りのSA・PAのチェーン着脱所を利用して下さい。装着後、走行中に変な音がすると思ったらすぐに確認すること。
text : Chiho Kuriyama

Others関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.