スキー場で温かく快適に過ごすポイントは、スキーウエアの下に何を着るか。保温性の高いウエアを着込むことで、体を温かく保つことができます。肌着にフリースやトレーナーなどを重ね着するのが、基本的なレイヤリング方法です。

ベースレイヤー

ベースレイヤーとは肌に直接身に着ける肌着のこと。滑ったり雪遊びをして汗をかくと、それが冷えて体温を下げるため、肌着は速乾素材がおすすめです。コットンよりも、化学繊維やメリノウールのほうが速乾性が高く、体を快適に保ちます。

ミッドレイヤー

ミッドレイヤーとは肌着とスキーウエアの間に着込むもの。トレーナーやフリース、ナイロンなど、ミッドレイヤーの種類で体温を調節します。

ロングタイツ

スキーパンツの下にはロングタイツなどを履き、下半身も保温しましょう。これも、化学繊維やメリノウールなど、速乾性や保温効果の高いものがおすすめです。ロングタイツのほかに、テーピング機能を備えたスポーツ用のサポートタイツを着用してもいいでしょう。

厚手のソックス

雪上など気温の低い場所にいると、足の指先が冷えてしまうことも。ソックスは厚手タイプを選び、足先まで防寒対策しておきましょう。スキーブーツとの相性を考慮した、厚手で丈の長いスキー用のソックスもあります。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.