子供と一緒にスキー場を訪れるのもよい思い出。スキーやスノーボードをしなくても、雪で遊んで自然と触れ合えます。「キッズパーク」や「キッズルーム」など、子供が遊べる施設が充実するスキー場が便利でしょう。車でも電車でも移動しやすく、子供でも安心して滑れる優しいコースがあるスキー場がおすすめです。

キッズパークで遊べる

キッズパークはソリやチュービングなどで遊べるエリア。ゲレンデから独立し、ネットなどで区切られているので子供が安心して遊べます。斜面が楽に上れるスノーエスカレーターを利用できたり、ソリなどの遊具もレンタル可能。スキー場によって無料もしくは有料で入場でき、いろんな種類のソリが楽しめたり、近年人気の「スノーストライダー」が体験できたりさまざまな遊具を揃えています。

雪遊びもできる

キッズパーク内で雪遊びも体験できます。雪だるまや雪山を作ったり、雪合戦を楽しんだり、まだスキーやスノーボードができない小さな子供でも雪と触れ合うことができます。子供が雪に慣れることからスタートし、それからスキーやスノーボードに挑戦するなど、段階を踏んでいくのもおすすめです。

屋内で遊具で遊べる

「キッズルーム」は、遊び道具や絵本などさまざまな遊具が置いてある施設です。温かな屋内でブーツを脱いでくつろげ、ゴロゴロと転げ回ることもできます。パパがスキーやスノーボードを楽しむ間、子供はママと一緒にここでのんびり過ごす、なんて利用方法もおすすめ。アニメを上映するなど、施設ごとに子どもを飽きさせないさまざまな工夫がされています。

おむつ替え台や授乳室があるところも

乳児を連れたママが気になるのが授乳できる場所でしょう。プライバシーが守れる個室の授乳室や、おむつを替える台などがあると安心です。ファミリーに人気のスキー場は、こういった施設が充実しています。

子供を預けられるサービス

スキー場には子供を預けられるさまざまな施設があります。保護者はスキーやスノーボードを体験し、子供は子供同士で一緒に遊んだり、ときには雪と触れ合ったり、さまざまな体験ができます。

託児所に預ける

子供を預けられる施設のひとつが「託児所」。専任スタッフが子供を見守り、絵本を読んだり一緒に遊んだりしてくれます。雪遊びが体験できたり昼食が付いているなど、プラン内容もさまざま。予約制の託児所が多いので、利用の際はスキー場に確認しましょう。

キッズ専用のスクール

子供専用の「キッズスクール」を開催しているスキー場もあります。年齢やレベルごとにクラス分けされ、同年代のお友達と一緒に楽しみながらレッスンを受けられます。

キッズ向け体験プログラム

雪で遊んだり、森を散策したり、冬山の自然と触れ合える子供向けの体験プログラムを企画するスキー場もあります。冬ならではの体験ができるこれらのプログラムに参加するのもおすすめです。
text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.