4月5日(木)、Burton Flagship Store Tokyoにて平野歩夢のPHOTO / AUTOGRAPH SESSIONが開催された。

オープニング

平昌オリンピック男子ハーフパイプで2大会連続の銀メダルを獲得し、BURTON US OPENでは念願の初優勝を飾った平野歩夢。その活躍を記念して開催されたスペシャルイベントだ。

定員40名に対し、抽選券を求めて集まった人数は1139名。
まだ肌寒さの残る日だったが、会場は熱気に溢れていた。
予想以上の人数に、平野も「あまりにも多くてびっくりしました、嬉しいです。」と顔をほころばせた。
イベントではオープニングトーク、当選したファンとの写真撮影、サインなどの交流イベントがあり、最後はメディア取材に応じた。
平昌オリンピックでの銀メダルを自身の上着のポケットから出すサプライズでは、ファンから歓声が。

ファンとのPHOTO/AUTOGRAPH SESSION

ファンとの交流では子供たちとも会話を交わし、笑顔を見せていた。
時間は限られていたが、ファン一人ひとりと言葉を交わす。

ファンへのメッセージ、今後の展望

取材では、ファンへのメッセージ、今後の展望を話してくれた。

- 今日集まったファンの方、およそ1100人いらっしゃるとのことですが。
「東京来て、この人数見て・・自分のイベントのために来てくれたのがすごいこう・・自分もちょっとびっくりしましたね。来てくれた人があまりにも多かったんで。」

- 女性のファンも多くて、スノーボードの発展にも繋がるんじゃないでしょうか。
「ぜひ・・こう、広めてもらいたいですね。スノーボードじゃなくてもいいんですけど。
やっぱり、みんながきてくれることによって自分自身も刺激になってるし、みんなにも刺激がどんな形でも伝わってれば、一番いいのかなって。」

- ファンとの交流で印象に残ってることは?
「このポーズしてってリクエストが徐々に増えてきて、少し恥ずかしいですね。」
- USオープンやシーズンも終わり、このオフはどんなすごし方を?
「この前まで練習をまた再開していて、10日間くらいがっつり練習してきたんで、ゆっくりする時間もなくて。やっぱり今しか出来ない練習やタイミングが重なったりしてきてて、寝るときくらいですね、休めてるっていう実感は。」

- これから撮影も入ると思いますが、オフの中でやってみたいことは?
「・・そうですね、何かしたいってはっきりしたことはないんですけど、でも次に向けて徐々にこう、色々整理がつき次第、はやく動いてかなきゃなって気持ちになってきてますね。」
- 赤ちゃん抱っこしてみてどうでした?
「すごいかわいかったですね(笑)」

- ソチのときもすごかったですが、改めて新潟のパレードなど、熱気を感じますか?
「前回より、より多くの人が見てくれてたと思うし、こうやって実際、現場のイベントにも足を運んでくれて、わざわざ来てくれて。前回と比べたら明らかに増えてきてるようには見えてるので、何か伝わってくれてるっていうのが、自分にとってもスノーボードに対しても、嬉しいことですね。」
- スノーボードのファン以外の方にも届けたい、発信したいと仰ってましたが、現在の反響をみると、かなり影響があると感じますか?
「一番は、自分も色んな人たちの応援があって今こうやってスノーボードやれてて。トップの立場で頑張ってられてるのも、一人じゃできないことも当然、こうやってみんなが・・前回のソチのときから色んな人が応援してくれてるって自分もすごい実感してて。

なんて言えばいんだろ・・
伝わってるものがそれぞれ、自分自身の何事でもいいんですけど、それが目標に変わることだったり、夢に変わることだったり、どんどんレベルアップした形で上をみてもらえれば・・。スノーボードじゃなくても。
自分自身も更に上を目指せるってそういう気持ちになったので、自分もすごいパワーをもらってますね。」
- 最後に、「挑戦」と仰ってましたが、東京オリンピックのスケボー挑戦については?
「そこもすごい考えてますが、まだ覚悟だったり、整理がほんとにまだついていないので、全然はっきりとは決めていないですね。」

- ありがとうございました。
「ありがとうございました。」

取材後記

ひとつひとつ言葉を選んで、時には言葉を詰まらせながらも、丁寧に答える平野。誠実な人柄が垣間見えた。また、スノーボードに限らず、色んな人たちに夢や目標を持ってもらえれば、と何度も口にする。
スノーボード界を牽引する若きライダーの、熱い想いを感じられた時間だった。この後は海外での撮影が入っているとのこと。アグレッシブな映像を持って帰ってきてくれるだろう。
オリンピック前に行われたBURTON展示会にて、2019シーズンにおける抱負の一言は「挑戦」と答えた平野。今後の彼の「挑戦」に期待だ。
【編集:SURF&SNOW編集部】

イベント関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.