人気スキー場が密集する新潟県湯沢町。シーズン中は多くのスキーヤー&スノーボーダーたちで賑わうエリアだが、「雪国」として越後湯沢の魅力を満喫しようと訪れる観光客も、年々増えてきているという。
スキー場で滑らなくても雪国の魅力を知りたい、雪で遊ぶ楽しさに触れるツアーに注目が集まってきているのだ。
前回「スノーシューとそば打ち体験」のツアーを紹介したが、今回はもっと手軽に誰でもが楽しめる、冬の湯沢ならでは魅力に触れてみよう!

1.世界最大級のロープウェイで絶景と雪遊びを楽しむ!

上越新幹線・越後湯沢駅から温泉街をゆっくり散策しながら歩いてきても約10分と近く、アクセスの利便性も高い湯沢高原スキー場へ。
こちらから世界最大級となる166人乗りのロープウェイに乗車して、標高1,000m地点にある山頂駅へと向かう。
ロープウェイが発車すると進行方向左側(南側)には雪に覆われた湯沢町が眼下に広がる。
冠雪した谷川連峰などの壮大なパノラマも見えてきて、テンションが一気に盛り上がってくる。
ちなみに右側(北側)には日本海に向かって伸びる、雪に覆われた魚沼平野や越後三山の眺望を楽しむことができる。
山頂へ向かう時と下山する時で窓際に立つ位置を変えるのがオススメ。
ロープウェイの高度が上がるたびに景色も違って見えてくる。スマホでついつい写真や動画を撮り過ぎてしまうかもしれないので、容量が足らなくならないように、くれぐれも注意しよう(笑)
湯沢高原スキー場にはスキー場のベースと山頂駅の近くの両方にキッズパーク「スノーランド」がある。雪遊びと眺望を同時に楽しむなら、山頂駅近くの高原スノーランドへ。
スノーランドでは安全にソリ遊びが楽しめる。子供はもちろんだが、何歳になろうとも、なぜかソリ遊びをはじめると、楽しくてやめられなくなる(笑)。
しばしの時間、雪だるまを作ったりして、年齢に関係なく雪遊びに没頭してみよう!
雪遊びを堪能した後は、展望テラスから絶景をゆっくり楽しみたい。
素晴らしい景色に感動して、寒さも忘れてしまいそう。それでも身体が少し冷えてきたと思ったら、ロープウェイ山頂駅内にある「雲の上のカフェ」で温かい飲み物やクレープなどの軽食で暖を取ろう。
写真提供:湯沢高原スキー場
下山したらロープウェイ山麓駅2階にある、天然温泉「コマクサの湯」でゆっくり温まって帰ることができる。

2.湯沢産の餅米でつきたてを食べる。想像を絶する美味しさ!

越後湯沢駅西口から徒歩5分の越後湯沢温泉・一本杉スキー場は、スキー専用ゲレンデで子供たちの歓声が響き渡るファミリーに人気のスキー場だ。一本杉スキー場ではシーズン中の主な日曜日に餅つきの体験とつきたてのお餅を無料で食べられるイベントを開催している。
取材日には新潟県のゆるきゃら「レルヒさん」や越後湯沢温泉のミス駒子も来場しイベントを盛り上げてくれた。レルヒさんも、つきたてのお餅を食べたくて来たのだ、とのこと(笑)。
新潟と言えば、美味しいお米「コシヒカリ」の産地という全国的なイメージがあるが、もちろん餅米も絶品。地元、湯沢産の餅米を、杵と臼を使った昔ながらの方法でつきたてのお餅を作っていく。
最初は地元の人たちが準備してくれて、餅つきをしたいと希望する子供たちから順番に体験させてくれる。
大人も、つかせてもらえるが子供たちの人数によっては時間が掛かってしまうので、希望者全員がつけない場合もある。
つきあがったお餅は、スタッフが取り分けてくれるので、順番に並んで、餡子や黄な粉で食べることができる。
列が長くなっても、だいたい100人分くらいのお餅を用意しているので、慌てなくても大丈夫。
しっかり並んで待ってから、お餅をお皿に乗せてもらうと、思わずとも笑顔にならざるを得ない(笑)。
餡子や黄な粉ももちろん手作りだ。
いただきます!と口に入れるとモチモチながら柔らかくて、ビヨーンと伸びて、お餅自体が甘くて旨くて、身体全体が感動に包まれる感覚になるはず(笑)。
ぜひ、雪の上で食べる、極上のつきたてのお餅の味とその感動を味わってきてほしい。

一本杉スキー場内に作られた巨大なかまくらの中で食事ができ、雪遊びを楽しむツアー(雪国体験! 「かまくら食堂」で田舎ごはんと雪遊び ※主催:(一社)越後湯沢温泉観光協会)に参加して、餅つきを体験するのもオススメだ。
Photo & Text by Tomohiro WATANABE

【ツアーのお申し込み・お問い合わせ先】

ツアーについての質問やご相談などは「雪国観光舎」まで電話かメールでお問い合わせを。ツアーの申し込みは雪国観光舎のホームページ「SNOW COUNTRY TOURISM」からか、現地の雪国観光舎案内所で、希望日の前日までに済ませておこう!

(一社)越後湯沢温泉観光協会
雪国観光舎 越後湯沢温泉

営業時間/9時~18時
電話/025-785-5353
https://www.snow-country-tourism.jp/
info@yuzawaonsen.gr.jp

●開催日時/2020年3月下旬まで
●申込受付/当日でも可能
●参加費/大人3000円・子供2000円(ロープウェイ乗り放題、スノーランドの全天候型スノーエスカレーター利用料を含む。コマクサの湯入浴券、越後湯沢温泉入浴剤付き)
※長靴のレンタルを希望する場合は550円。スノーウエアをレンタルする場合も別料金
●受付・チケット販売場所/越後湯沢温泉・雪国観光舎

【注意事項】
強風、雷などの気象条件によりロープウェイの運行が中止になる場合がございます。チケット発行後は払い戻し不可となりますのでご注意ください。
写真提供:雪国観光舎 越後湯沢温泉
●開催日時/2020年3月下旬まで
※但し2019-2020シーズンは少雪の為、2月中旬以降の開催を予定しております。
●募集人員/5名(最少催行人数2名)
●申込受付/前日まで(当日キャンセルは返金不可)
●対象/小学生以上(食事は付かないが未就学児は無料で参加可能)
●参加費/大人3000円・小学生2500円(けんちん汁、魚沼産コシヒカリのおにぎり、お漬物、甘酒、雪遊び道具の利用料が料金に含まれています。特典として越後湯沢温泉入浴剤をプレゼント)
※長靴の無料レンタルも用意していますが、数に限りがあるので可能な限りご用意ください。
●集合場所・時間/越後湯沢駅西口、越後湯沢温泉・雪国観光舎前に12時集合
※ガイドは同行しません

【注意事項】
「餅つき大会」は日曜日のみで、13時30分より開催します。
天災事変や気象条件によりツアーを変更および中止になる場合がございます。
雪でも開催しますが吹雪や極端な気温低下などの場合は食堂で食事を用意します。
積雪の状況により中止になる場合がございます。

(一社)越後湯沢温泉観光協会 雪国観光舎 越後湯沢温泉

〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2431-1
上越新幹線・越後湯沢駅西口から徒歩0分

https://www.snow-country-tourism.jp/

施設情報

湯沢高原スキー場

所在地
新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢490
外部URL
http://www.yuzawakogen.com/

一本杉スキー場

所在地
新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2521
外部URL
https://www.ipponsugi.net/

雪国観光舎 越後湯沢温泉

所在地
新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2431-1
外部URL
https://www.snow-country-tourism.jp/
備考
上越新幹線・越後湯沢駅西口から徒歩0分

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


アクティビティ関連の記事一覧

インプレイ© ImPlay, Inc.