豊かな自然に恵まれた北の大地、北海道。冬は極上のパウダースノーが味わえるウィンタースポーツの聖地だが、グリーンシーズンには広大な自然を生かした様々なアクティビティが楽しめる。
また、果てしない大空と大地が広がる開放感は北海道だからこそ味わえる。
冬とは違ったグリーンシーズンならではの観光やレジャーをぜひ体験しにいこう。

*新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止について

本記事で紹介している施設では感染拡大防止の為の対策を講じておりますが、自己の責任においてご利用ください。
また、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われる可能性があります。このページで紹介している情報も状況により内容が変更する場合があるため、施設を利用される際はあらかじめ最新情報をご確認ください。
また、お出かけに際しては、新型コロナウイルスへの感染拡大防止を十分に意識し、対策を万全にしていただくよう、ご配慮ください。

山の中腹から羊蹄山が一望できる「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」

北海道西部の倶知安町は札幌から車で2時間弱、新千歳空港からも2時間少々でアクセス可能なリゾート地だ。
湿気が少なく、晴れた日でも汗ばむことなく過ごせる爽やかなエリア。羊蹄山やニセコアンヌプリなどの名峰がそびえ、ニセコアンヌプリには数々のスキー場が点在。
その一つが「ニセコマウンテンリゾート グラフ・ヒラフ」だ。グリーンシーズンにはサマーゴンドラが運行し、緑あふれる自然を眺めながら標高820mの中腹で羊蹄山の絶景を眺めることができる。
ゴンドラ山頂エリアには絶景スポット「丘の上の展望ベッド〜#NISEKO SIESTA〜(ニセコシエスタ)」が設置されている。
ラグジュアリーなベッドやソファーで寛ぐことができ、羊蹄山が背景になるようなセルフィースポットも用意されている。自然と一体となるようなゆったりとした時間は贅沢で心癒される体験だ。
また、ゴンドラ山頂駅横のレストハウス「Ace Hill(エースヒル)」では、フルーツをふんだんに使ったニコセサンシャインパフェや青空や朝夕の空の色をイメージしたソーダなどを楽しめる。
リゾート内ではMTBも楽しめる。全長3kmの本格的なダウンヒルコースとビギナーから楽しめるフロートレイルの2コースがあり、幅広いレベルが楽しめる。また、山麓のホテルニセコアルペンには温浴施設も完備。ホテルに滞在すれば、シェフが腕を振るった季節の旬の料理など北海道の食も味わえる。

ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフの主な新型コロナ感染予防対策

スタッフはマスクを着用し、施設内では3密を回避するための対策を実施。不特定多数の利用者が触れる箇所は定期的に消毒し、施設内にはアルコール消毒液などを設置する他、利用者にはマスクの着用を依頼、利用時の検温も実施している。また、宿泊施設ではチェックアウト時間の混雑を回避するため、事前精算も受け付けている。

楽しいアクティビティが盛りだくさん!「ニセコHANAZONOリゾート」

日本海から連なるニセコ連山の東側に位置するニセコアンヌプリ。その麓に広がる高原リゾートとして、「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」に続いて紹介するのは「ニセコHANAZONOリゾート」だ。グリーンシーズンの「ニセコHANAZONOリゾート」では、冒険心をくすぐる多種多様なアクティビティが数多く体験できる。
山や森の他、海や川などの自然を利用したアクティビティは、こどもから大人まで幅広く楽しむことができる。
豊かな自然と涼しくて爽やかな気候はアウトドアアクティビティを楽しむのに絶好の環境と言える。
グリーンシーズンのアクティビティでも一番人気なのがラフティング。
国内有数の清流、尻別川をラバーボートで下るアクティビティで、仲間やファミリーなど幅広い層が楽しめる。
穏やかでゆったりとした流れの場所、激流の場所など、まさに自然のジェットコースターのような体験をすることができる。北海道の自然を熟知した名物ガイドから聞く "ニセコの魅力" もラフティングが人気の理由のひとつ。
よりアクティブな体験をしたければ、2人乗りのゴム製カヤックに乗るダッキーがおすすめ。自分でパドルを操って川を下るので、ボートをコントロールしながら自然と対峙しているような感覚が味わえる。
2020年の夏より新たなアクティビティとしてゴルフカートツアーがスタートした。芝が広がる美しいゴルフ場の中をゴルフカートを運転しながら散策できる、ゴルフをしなくても気軽に参加できるツアーだ。ガイド付きなのでゴルフカートの運転が初めてでも安心。
また、周辺には宿泊施設が充実し、ニセコHANAZONOリゾートに最も近いのが2020年にオープンしたパークハイアットニセコHANAZONOだ。5つ星を獲得した贅沢なホテルは、ラグジュアリーな客室と厳選されたレストランで優雅に過ごすことができる。

ニセコHANAZONOリゾートの主な新型コロナ感染予防対策

事前にメールアドレスを登録すると、同日に同施設を利用した人の中から新型コロナウイルスの感染者が確認された場合に通知が届く「北海道コロナ通知システム」に施設として登録している。

施設各所にはアルコール消毒・次亜塩素酸消毒のスプレーを設置。定期的に館内の窓を開けて換気も行っている。
着替えの際は、複数の更衣室の使用を促したり、他の利用者と同時に使用しないよう案内を行ったりすることで対策している。
川や海への車両移動は、利用人数に応じて使用する車両を変更したり、複数の車両を使用したりして、ゆとりのある座席間隔で乗車できるように配慮している。また、アクティビティに参加者全員の検温を実施。ラフティングは1ボートあたりの定員に制限を設け、できる限りグループごとでの乗船になるよう配慮するなど対策を行っている。
また、新型コロナウイルス感染対策の実施期間では前日・当日のキャンセルを無料にしている。
※通常、利用者都合による予約のキャンセルは前日50%・当日100%

ファミリー向けのレジャーが充実!ジンギスカンや釣った魚でBBQを楽しめる夏の「さっぽろばんけい」

「さっぽろばんけい」は北海道の主要都市である札幌市に位置。
市内から車で約20分の距離にあり、地下鉄とバスを利用しても行くことができる都市から近いリゾート地だ。

グリーンシーズンになると、スキー・スノーボードのジャンプ練習に最適な全長60mのサマーキッカーがオープンする他、スキー場のコースを利用したMTBコースなどもオープン。
また、この時期には手ぶらで気軽に楽しむことのできるBBQコーナーも営業する。
ジンギスカンや若鳥、豚肩ロースなどの食材が用意されており、90分食べ放題のプランもあるのがうれしい。
自然を楽しむレジャーとしては、川のせせらぎをBGMに楽しめる「つり堀」もおすすめ。
ニジマスが釣れる小池と、コイやフナが釣れる大池があり、ニジマスはBBQコーナーで食べることもできる。
つり堀は営業期間11月初旬までの土日・祝日のみ営業となる。
リゾート内にはジップラインやツリートレッキングなど、ファミリーで楽しめるアクティビティも充実。
木と木にの間に張られたワイヤーを滑車で滑り降りるジップラインは全6ライン。最長120mの長いラインもあり、鳥になった気分で森の中を滑降することができる。
また、木の間に巡らせた吊り橋を渡りながら、丸太やV字ネットなどの全10ステージを攻略しながら進む、ツリートレッキングは、スリルと爽快な気分を味わうことができる、冒険心がくすぐられるアクティビティだ。

多彩なアクティビティが揃う「さっぽろばんけい」だが、施設によって営業期間・営業時間が異なるので注意しよう。

<2020年度営業予定>
●MTBコース:~11月上旬予定 ※定休日あり
●BBQコーナー:~11月上旬予定
●ジップライン/ツリートレッキング:~9月末予定の土日・祝日のみ
●つり堀:~11月上旬の土日・祝日のみ

さっぽろばんけいの主な新型コロナ感染予防対策

スタッフのマスク着用や体調管理を徹底。施設各所に消毒液を設置し、施設内は定期的に換気を行っている。
また、リフト搬器やレンタル品を含む、施設内で利用者の手に触れる箇所は消毒殺菌を実施。
ソーシャルディスタンスの確保に配慮するほか、レストランなどの飲食施設では使い捨ての手袋を配布している。

四季折々の景観と出あえる風光明媚な「富良野スキー場」

大雪山連峰十勝岳と夕張山系芦別岳の山々に囲まれた富良野は、北海道のほぼ真ん中に位置し、四季の移ろいがわかりやすい風光明媚なエリアとして知られている。
そんな自然のなかで、優雅なリゾートホテルを構えるのが富良野スキー場だ。山麓に富良野プリンスと新富良野プリンスの2つのホテルを構え、ここを拠点に周辺の観光を楽しめる。ラベンダーやヒマワリ、コスモスなどの季節ごとの花畑に出かけたり、リゾート内のアクティビティを楽しんだり、好みに応じたレジャーを体験できる。
リゾート内で草花を気軽に楽しめるのが、有名なTVドラマのロケ舞台にもなった英国風の庭園「風のガーデン」だ。450品種以上、約2万株の花々が春先から秋遅くまで季節ごとに咲き誇り、訪れるたびにさまざまな彩りで出迎えてくれる。木々に囲まれた小道をのんびり歩いていると、花のやさしい香りや爽やかな風を感じることができ、心をリフレッシュさせてくれるだろう。
また、白い壁が特徴のグリーンハウスは、ドラマ撮影当時のそのままの室内を見学することができる。
ホテルから1分の森では、「ツリーアドベンチャー富良野」が楽しめる。
森の中の木々の中に作られたアスレチックをめぐるスリル満点のアクティビティとして、全19ステージを用意。木の上で遊ぶアクティビティとあって、いつもより高い視点で、森を近くに感じながら自然と一体化した気分になれる。

富良野スキー場の主な新型コロナ感染予防対策

来場時に利用者の検温を行う他、ツリーアドベンチャーを体験する際はヘルメット装着時にモブキャップ、そして、使い捨て手袋の着用してもらっている。使用後のヘルメットおよびハーネスは消毒を実施。
風のガーデンへの送迎車にはシールド設置し、乗車人員の制限、喚起・消毒を行っている。
また、プリンスホテルでは利用者に安全で清潔な空間で快適にご滞在できるよう、新たな衛生・消毒基準「Prince Safety Commitment(プリンス セーフティー コミットメント)」を導入。ホテル宿泊者にはチェックイン時に「セルフチェックシート」の記入してもらい、レストラン利用時は検温を実施。テーブルの間隔はソーシャルディスタンスを確保する配置にし、客席の消毒を徹底している。
また、客室は清掃と消毒を施した清掃後の部屋に入室者がいないことを示す「Safetyシール」を貼るなどしている。

北海道最大級のオールシーズンリゾート!「ルスツリゾート」

羊蹄山の山麓に位置するルスツリゾートはオールシーズン、様々なレジャーを楽しめる北海道最大級のリゾート。
グリーンシーズンは豊かな自然の中で多種多様な遊びが体験でき、そのひとつが各種アトラクションを楽しめる北海道最大級の遊園地だ。螺旋状に連続回転する宙返りコースター「コークスクリュー」や空を駆け抜けるような宙づり絶叫コースター「ハリケーン」など、ジェットコースターだけでも数種類。
もちろん観覧車やメリーゴーランドなど、小さな子どもでも楽しめる60種類以上のアトラクションがそろっている。
アクティビティも豊富で、ラフティングやカヌー、トレッキングや乗馬のほか、ヘリコプター遊覧飛行や熱気球フライト体験といった北海道ならではの大自然を満喫できるプログラムも充実。
また、スキー場内のウエストMt.のゴンドラ山頂にある「羊蹄パノラマテラス」は、羊蹄山や洞爺湖を一望することがルスツ自慢の絶景ポイントだ。
ルスツリゾートでは、リゾートホテルやホテルコンドミニアムなどの好みに応じたスタイルで滞在できる。
すべての客室がメゾネットタイプの「ウェスティン ルスツリゾート」は、高い天井に大きな窓のあるゆとりある空間でゆったりと寛ぐことができる。ビュッフェや鉄板焼きなどで味わう料理は、直営農場の野菜や近近郊の漁港から届く海鮮など北海道の旬がたっぷりと詰まっている。
なお、ホテルやレジャー施設のグリーンシーズンの営業は、ウィンターシーズンの営業に向けて9月下旬~12月上旬に一旦休業する。営業期間は施設によって異なるため、詳細は公式サイトでチェックしよう。

ルスツリゾートの主な新型コロナ感染予防対策

ルスツリゾートでは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、国が示した「新しい生活様式」の実践に向けて発表された「新北海道スタイル」安心宣言に基づき、「7つの習慣」に取り組むことを宣言した。
スタッフはマスク着用や小まめな手洗い、健康管理を徹底。施設内では定期的に窓を開けて換気を実施。
室内の空気循環ではなく、外部から新鮮な空気を取り込んで空気を入れ替える空調システムを採用している。
設備、器具などの定期的な消毒・洗浄を実施や、ソーシャルディスタンスを確保する座席配置にするなど安全対策を徹底している。

「北海道コロナ通知システム」やリゾート独自の新型コロナウイルス感染拡大防止策を展開

北海道では「北海道コロナ通知システム」を導入。このシステムは、不特定多数の人が利用する施設やイベントなどで、新型コロナウイルスが拡大することを防止することを目的とし、施設利用やイベント参加の際、事前にメールアドレスを登録しておくことで、同じ日に、同じ施設を利用した人の中から新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、北海道からメールでの通知が届くというものだ。
これに登録している施設は、感染防止対策に取り組んでいることが認知でき、安心して利用できるという目安にもなる。
また、紹介したようなリゾート独自の衛生・消毒基準を設けたり、新たな取り組みを導入するなどして、安全対策を徹底している。

もちろん利用者側も出かける際は、マスクの着用、手洗い・消毒の徹底、3密を避けるなど、「うつらない」「うつさない」対策を万全にして、高原リゾートに遊びに行ってみよう
TEXT by Chiho Kuriyama

施設情報

ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ

所在地
〒044-0081 北海道虻田郡倶知安町字山田204
外部URL
https://www.grand-hirafu.jp/summer/

ニセコHANAZONOリゾート

所在地
〒044-0082 北海道虻田郡倶知安町字岩尾別328-36
外部URL
https://hanazononiseko.com/ja/summer

さっぽろばんけい

所在地
〒064-0945 北海道札幌市中央区盤渓410
外部URL
https://www.bankei.co.jp/summer/

富良野スキー場

所在地
〒076-8511 北海道富良野市中御料
外部URL
https://www.princehotels.co.jp/ski/furano/summer/

ルスツリゾート

所在地
〒048-1711 北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地
外部URL
https://rusutsu.com/

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


アクティビティ関連の記事一覧

インプレイ© ImPlay, Inc.