長野県と山梨県の境に広がる八ヶ岳山麓エリアや富士山麓エリアなどは中央道でアクセスしやすい高原リゾートのエリア。特に八ヶ岳周辺は晴天率が高く、標高も高いため、夏は爽やかな青空の下で様々なアクティビティを楽しむことができる。一方、富士山麓は日本一の山が間近に迫る絶景が魅力だろう。夏の蒸し蒸しとした暑さから解放される気分爽快な高原に出かけ、そのリゾートならではの観光やアクティビティを思いっきり満喫しよう。

*新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止について

本記事で紹介している施設では感染拡大防止の為の対策を講じておりますが、自己の責任においてご利用ください。
また、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われる可能性があります。このページで紹介している情報も状況により内容が変更する場合があるため、施設を利用される際はあらかじめ最新情報をご確認ください。
また、お出かけに際しては、新型コロナウイルスへの感染、および感染を拡大させる可能性があることにも十分に意識し、対策を万全にしていただくよう、ご配慮ください。

360度のパノラマビュー!「車山高原SKYPARK RESORT」

百名山のひとつに数えられる霧ケ峰はゆるやかな起伏が広がる開放的な高原。その霧ケ峰の主峰が車山だ。木々の少ない、ひらけた山腹に車山高原SKYPARK RESORTが広がり、グリーンシーズンは車山展望リフトを運行している。このリフトに乗って約15分、最上部から少し歩くだけで車山の山頂にアプローチできる。また、各所にフォトスポットが用意されており、センターハウス「スカイプラザ」の階段も記念撮影にぴったりなおしゃれな装飾だ。
標高1925mの山頂は木々のない見晴らしのよい場所。蓼科山や八ヶ岳、南・中央・北アルプスなどを一望できる360度の大パノラマが広がっている。なんと、日本百名山のうち38名山を見渡せるというから驚きだ。
高原に広がる空は、「車山ブルー」とも呼ばれる爽やかな青。山頂には巨大なフォトフレームが設置されており、八ヶ岳や富士山、そして爽やかな青空を背景に記念撮影をパチリ。
山頂に鎮座する車山神社には、絵馬かけ台も設置。青空と同じくっきりとしたブルーの絵馬は、山頂に広がる風景にマッチしている。空が近く感じる神社に絵馬を奉納すると、願いが叶いそうな明るい気持ちになれるから不思議だ。
夏から秋にかけては、期間限定でサンライズ雲海リフトも運行。日の出に合わせて山頂に向かうと、真っ赤な朝焼けの空とご来光、そして雲海などの荘厳な自然風景を目にすることができる。2020年は9月22日までの特定の日程で運行され、時期によって運行開始時間も変動する。詳細は車山高原SKYPARK RESORTのホームぺージをチェックだ。

車山高原SKYPARK RESORTの主な新型コロナ感染予防対策

リフト乗車口に消毒液を設置し、搬器の座面やセーフティーバーも定期的に清掃消毒を実施。
乗車の際は他グループと相乗しないように配慮している。
また、スカイプラザ入口付近や共用スペースに消毒液を設置。マスク着用を推奨しているが、事情により装着が難しい人には「意思表示カード」をインフォメーションにて用意。
共用部分の拭き取り消毒を行なうほか、レストランは衛生管理を徹底し、席数を減らして営業している。

爽やかな高原の特等席でくつろげる「サンメドウズ清里ハイランドパーク」

八ヶ岳連邦の南麓に広がる清里高原は山梨県に位置するリゾート地。晴天率80%を誇る気候が安定していることに加え、夏でも気温が低く、涼しく過ごせることから避暑地として人気を集めている。冬季はサンメドウズ清里スキー場として営業するリゾートは、夏季はサンメドウズ清里ハイランドパークとして観光リフトを運行。山頂の平坦は場所を利用して、屋外カフェ「清里テラス」もオープンする。
標高約1900mの清里テラスに向かうパノラマリフトでは、鳥のさえずりをBGMに高原の爽やかな風を感じられ、大自然に包まれたような心地よさ。移動する時間ですら心を癒してくれる非日常的な体験だ。2020年度のテラス営業期間は5月下旬から~11月8日までの9:30~16:30。リフトは9:00~16:30で営業(上りの最終は16:00)。
清里で一番高い場所にある「清里テラス」には大型ソファが置かれ、青空の下でのんびりくつろげる。ソファは富士山や野辺山高原の絶景を独り占めできる特等席。予約専用のプレミアムシートもあり、混雑していても時間内なら家族や友人だけでゆっくりと利用できる。快適な気候と絶好のロケーションで過ごす贅沢な時間は、心を晴れやかにしてくれるだろう。
天空テラス併設のカフェの人気メニューはオリジナルパフェやジェラート。このほか、清里ベーカリーで提供される焼き立てのこだわりパンがオススメ。好きなパンを専用バスケットに詰めてテイクアウトもできるので、テラスや敷地内の屋外施設など気に入った場所でピクニック気分が味わえる。

サンメドウズ清里ハイランドパークの主な新型コロナ感染予防対策

園内施設における感染予防対策として、リフト搬器は定期的な拭き取りと消毒を行ない、レストランは座席を間引いて利用者同士の間隔を確保するとともに一部の窓を開放して換気をしている。
施設のドアノブや座席などの細かな部分も定期的に拭き取りと消毒を実施している。
また、園内では利用者同士が密集しないように誘導したり、遊具やアクティビティ機材の拭き取りや消毒をしたりするなど、利用者の安全を第一に、安心して利用できるよう感染防止対策を徹底している。

ゴンドラを利用して、いざ大展望の入笠山へ!「富士見パノラマリゾート」

中央道・諏訪南ICから7分の距離、電車ならJR中央線・富士見駅からシャトルバスで10分と、アクセス抜群の富士見パノラマリゾート。冬季は日帰りできるスキー場としてたくさんのスキーヤー・スノーボーダーが集まるが、夏季は入笠山トレッキングの拠点としてにぎわっている。ゴンドラを利用して標高1780mまでひと息に上がり、そこから1時間ほどで登頂できる入笠山は登山ビギナーでもチャレンジできる優しい山だ
入笠山は花の宝庫として知られ、ゴンドラ山頂駅前の山野草公園では秋までに150種程の山野草の鑑賞が楽しめる。ここだけのお手軽ハイキングもいいが、さらに足を延ばした入笠湿原では、色とりどりに咲き変わる山野草の群生が楽しめる。手つかずの自然に癒されながら進むと、山頂までの距離はあっという間だ。
眺望の素晴らしさで定評のある入笠山は、山頂に登りつくと遮蔽物がない360度のパノラマビューが待っている。
目の前に一望できる八ヶ岳連邦をはじめ、富士山や南・中央・北アルプスの三大アルプスなどの絶景は感動モノだ。この絶景まで1時間ほどのアプローチで行けることが、富士見パノラマリゾートの魅力だろう。
富士見パノラマリゾートではマウンテンバイクも楽しめる。ゴンドラ山頂駅から最長約8kmのコースは走りごたえのある充実度。難易度が異なる多彩なコースが設定され、レベルに合わせてトライできる。ビギナーや子供、女性などは、スキルアップエリアがおすすめだ。ほかにも、空の旅を体験できるパラグライダーなどのアクティビティもあり。気軽に浮遊感覚を味わえる半日体験、山頂から飛び出すタンデムフライト体験を用意している。

富士見パノラマリゾートの主な新型コロナ感染予防対策

ゴンドラ搬器内は随時、窓を開けての換気及びアルコール消毒を実施。ゴンドラは8人定員だが、乗車人数を制限して運行している。全スタッフがマスクを着用して対応し、レストランや売店などの屋内施設は換気を実施。施設内各所にアルコール消毒液も設置している。レストランの席数を減らして間隔を空けて利用できるようにし、テイクアウトメニューも用意。詳細情報は随時ホームページにて案内している。

富士山麓でアクティビティ!森の中ではサバゲーも!?「ふじてんリゾート」

中央道・河口湖ICや東富士五湖道路・富士吉田ICからもアクセスできるふじてんリゾート。
日本一の山、富士山の姿がきれいに見える最高のロケーションでさまざまな屋外レジャーを楽しむことができる。夏季はスキー場内にサマーゲレンデがオープンするほか、コースバリエーションが豊富なマウンテンバイク、芝の上をキャタピラの付いたスキーで滑るグラススキーなど、さまざまなアクティビティを実施している。
スキー場の斜面を利用した多彩な体験のなかでも、マウンテンボードはスノーボードの夏バージョンといったアクティビティ。車輪のついたボードにサイドオンスタイル(横乗り)で乗って斜面と滑るというもので、夏季でもスノーボードが楽しめ、トレーニングとしても有効だ。全長300mのファミリーゲレンデと1300mのスラロームコースで体験することができる。2020年の営業は11月3日までの予定。利用の際はリフト料金のほか、用具のレンタル料などが必要だ。
ふじてんリゾートにはゲレンデと隣接してサバイバルゲーム施設「Fuji Forest Force(FFFエフスリー)」まである。富士山麓の広大な敷地に広がるゲームフィールドには、ダートなフィールドに障害物を設置した「マッドフィールド」と富士山の自然の林間を活かした「ジャングルフィールド」の2エリアが設置されている。富士山の眺望とともに楽しむサバイバルゲームはまた格別な体験だ。
「Fuji Forest Force(FFFエフスリー)」では、チーム毎でフィールドを貸し切る「貸切予約」と、個人でも参加可能な「定例会」を月に1~2回開催。定例会は個人での参加も多いため、初めて挑戦する人でも気軽に参加できる。用具を持っていなくても、エアガンやゴーグル、迷彩服やブーツなどの各種レンタルを用意するほか、必要な用具が一式揃った「セットレンタル」もある(※ただし、現在エアガンのみレンタル可。1日上限20名の予約制で、ゴーグルは販売のみとなっている)。

ふじてんリゾートの主な新型コロナ感染予防対策

利用者にはマスク着用を推奨し、各アクティビティの受付時には検温を実施。施設各所に消毒液も設置している。マウンテンバイクやサマーゲレンデでリフトを利用する際の乗車待機時は間隔をあけ、リフト乗車は1基につき2名まで(ファミリーリフトは1基1名)としている。また、営業終了後は搬器の消毒作業や拭き取りを徹底。また、レンタルでは直接身に着けるヘルメットなどはレンタルを不可としている。レストランは席数を減らし、混雑状況は入場制限する場合もある。
サバイバルゲーム(FFF)では当面の間、利用人数の制限し、レンタル用品はエアガンのみレンタル可(上限20名・予約制)とし、複数の利用者が触れる部分は定期的な拭き取りや消毒作業を実施し、休憩エリアの座席も減らしている。

利用者も配慮しながら高原レジャーを楽しんで

繰り返しになるが、各施設は新型コロナ感染予防対策として、マスク着用の推奨はもちろん、手洗い・消毒の徹底や3密を避ける対策、スタッフの健康管理の徹底など、利用者が安心して過ごせるようなさまざま配慮と感染拡大を防ぐ対策を採っているが、利用者のマナーと意識が絶対に必要である。
屋外施設は密になりにくいとはいえ、当然のことながら利用者も感染拡大の防止に充分な配慮し、「うつらない」「うつさない」対策を万全にした上で、爽やかなグリーンシーズンのスキー場でレジャーを楽しもう。

今、各地のリゾート施設ではしっかりと対策を講じた利用者を心待ちにしているはずだ。
TEXT by Chiho Kuriyama

施設情報

車山高原SKYPARK RESORT

所在地
〒391-0301 長野県茅野市北山3413
外部URL
https://www.kurumayama.co.jp/summer/

サンメドウズ清里ハイランドパーク

所在地
〒407-0311 山梨県北杜市大泉町西井出8240-1
外部URL
https://www.sunmeadows.co.jp/

富士見パノラマリゾート

所在地
〒399-0211 長野県諏訪郡富士見町富士見6666-703
外部URL
https://www.fujimipanorama.com/summer/

ふじてんリゾート

所在地
〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村富士山8545-1
外部URL
https://summer.fujiten.net

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


アクティビティ関連の記事一覧

インプレイ© ImPlay, Inc.