数頭の犬がソリを引いて雪道を走る「犬ぞり」は、雪深いエリアで人間や荷物を運ぶために発展しました。犬は寒さに強く、持久力もあり、賢く人間にも従順。スノーモビルが使われるようになるまで、犬ぞりは雪国で重要な運搬手段として活躍しました。現在は、雪国のアクティビティのひとつとして犬ぞりを体験することができます。

本州で唯一、本格的な犬ぞり体験できるのが群馬県の水上エリア

犬ぞり体験ができるスノーリゾートは、北海道が有名ですが、本州では唯一、群馬県のみなかみエリアにある水上高原スキーリゾートで体験できます。このリゾートはホテルとスキー場が一緒になっており、施設の森で犬ぞりを体験できます。ホテル内にあるインフォメーションセンターで受付し、専用フィールドまで移動すると、たくさんの犬たちが待っています。

体験レポート(受付、スノーモービルに乗って移動)

犬たちと挨拶を済ませたら、マッシャーというソリの操縦者と一緒にソリに犬をつなぐ作業を手伝います。こうして犬との心の距離を縮めていくのです。マッシャーが犬のコンディションを見ながら、今回走る犬を選びます。
ソリは犬ぞりレースに使われている軽いものを使用。後ろにマッシャーが同乗し、ソリを操作してくれます。

白銀のフィールドに出発!

乗り方の基本を教えてもらったら、早速出発。雪原にある2㎞におよぶ専用コースをめぐります。マッシャーがスタートの号令をかけると、犬たちは雪を蹴り上げて元気よく走りだします。ソリも滑り出し、ぐんぐん速度を増して雪上を疾走していきます。

心地よい冬の風を感じながら

マッシャーは「マッシュ」や「ハウ」など声をかけ、犬たちに、進むや左に曲がるといった指示を出します。ソリのスピードは想像以上に早く、冬のひんやりした風を体に感じ、とても爽快です。
コースには白樺の林やちょっとしたアップダウンがあり、変化に富んでいます。地形の変化もなんのその、犬たちは力強い足取りで雪原を駆け抜けていきます。あたりには雪に覆われたまっしろな世界。シンプルで美しい冬の自然も満喫できます。

最後は犬にお礼のおやつ

犬ぞり体験が終わったら、最後は犬たちにお礼のおやつをあげます。犬は犬ぞりに向くアラスカンハスキーが主体。人に慣れてとても賢く、一頭ごとに元気だったりおとなしかったり性格が違います。
水上高原スキーリゾートの犬ぞり体験は、冬季(1月上旬~4月上旬)に開催。今回紹介したのは「体験ドライバープラン」といって、操縦者と一緒に体験するもの。1日4回開催し、予約が必要です。所要時間は50分、料金は1人8,500円、2名以上から受け付けています。小学生以上から挑戦できる楽しい犬ぞりを、ぜひ体験してみてください。
●みなかみエリアへのアクセス:
【電車】上越新幹線・東京駅から上毛高原駅まで最速で66分。
【車】関越自動車道・練馬ICから月夜野ICまで約90分、水上ICまで約100分。
●水上高原スキーリゾートへのアクセス:
【車】関越自動車道・水上ICから21km
【バス】上越新幹線・上毛高原駅から無料送迎シャトルバスを運行→約60分
photo & text : Chiho Kuriyama

施設情報

水上高原スキーリゾート

所在地
〒379-1721 群馬県利根郡みなかみ町藤原6152-1
外部URL
https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0126s.htm
備考
関越自動車道・水上ICから21km

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


アクティビティ関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.