国内最大級のスキー場・積雪情報サイト

【SURF&SNOW】国内最大級のスキー場・積雪情報サイト


大毛無山の魅力再発見ツアー体験レポート

レポート写真1

  2006年に多くの人に惜しまれながら幕を閉じたARAIリゾートをフィールドに、クラブフィールド妙高が「大毛無山の魅力 再発見ツアー」を開催した。話題のツアーにSURF&SNOWスタッフが参加し、追憶のスキー場での貴重な体験をしてきた。
  旧ARAIリゾートの正式名称は「ARAI MOUNTAIN&SPA」で、新潟県妙高市大毛無山にある、スキー場・ホテル・温泉などの揃った複合リゾート施設。標高が高く積雪量も豊富なため、5月頃まで滑走ができ、ファンの多いスキー場ではあったが、2006年にスキー場営業が終了し、その後は営業再開することなく人々の記憶から忘れ去られていった。
  しかし、「もう一度あの山を滑りたい!」 「大毛無山から見た日本海の海岸線が見えるあの景色を見たい!」という想いを形にした期間限定の企画「大毛無山の魅力 再発見ツアー」が今季スタート。北陸新幹線の開通で、上越妙高駅から一番近いエリアとなる大毛無山をフィールドにした雪上車ツアーだ。
発起人は旧ARAIスキー場が出来る前からここのスキー場開発に携わっている塚田卓弥氏。地元、地域、行政、妙高リゾート(旧新井リゾート)と立場の異なる人々をとりまとめた。その塚田氏の呼びかけは、このツアーを実現する素晴しい多くの有志メンバーを集結させた。

  ツアーに参加するには、クラブフィールド妙高のオフィシャルサイトより事前申込が必要。雪上車の乗車定員が決まっているため、1日6便に分けて申込を受け付けている。元々はゲレンデだった場所を滑るので、初中級者でも参加しやすいツアーになっているが、最低限の準備としてビーコン(現地でレンタル可能)は必須だ。ヘルメットやプロテクターもあった方がより安心して楽しめるだろう。もちろんツアー中は常にガイドが付きそうので、その日のコンディションを見ながら安全なコースを選択して滑ることができ、滑走時の注意点なども随時ガイドが親切に教えてくれる。
  雪上車で滑走ポイントまで移動すると、眼下には絶景が広がっている。この日は生憎の曇り空だったが、澄んだ晴れた日には日本海、その先の佐渡の金北山まで望むことができる。スキー、スノーボードをやらない人でも、この景色を見るためにツアーに参加するほどだ。絶景を堪能したら、後は目の前の広大なバーンに、思う存分自分のラインを残すだけだ。

レポート写真6

  このツアーに参加したことによって、もう一度と大毛無山からの絶景を見ることができ、二度と滑ることができないと思っていた旧ARAIリゾートで滑ることができた。また、滑走具を持たない遊覧乗車の人も満面の笑みで景色を楽しんでいた。
  滑るだけでも非常に貴重な体験だが、他にも普段のゲレンデでは経験できないことが多くあり、ツアーが終わった頃にはスキー・スノーボードの魅力が広がったように感じた、特別なツアーだった。

クラブフィールド妙高 公式サイト

レポート写真13ベースキャンプには救急車が配置されていた。週末にはBCAビーコントレーニングパークが開催。