撮影&文・渡辺智宏

草津と言えば日本一の人気を誇る温泉と日本で初めて民間リフトが架けられた歴史を誇る草津国際スキー場が有名だ。ゲレンデトップの標高は2,171mで、最長8キロ、標高差926mものロングランが楽しめる。広さも楽しさもビッグなゲレンデをとことん満喫するには、気の合う仲間と、大切な家族と草津温泉の宿に宿泊するプランで利用したい。関越道・渋川伊香保インターからスキー場へ向かう途中の八ッ場バイパスの開通で、クルマでのアクセスは大幅に時間が短縮され便利になっている。時間をたっぷり、ゆっくり使って、冬の草津を遊び尽くそう!

何はともあれ絶景の山頂を目指そう!

草津国際のゲレンデは縦長で大きな4つのエリアで構成されている。ベースは天狗山ゲレンデで、そのすぐ上部には草津の温泉街を一望できる御成山ゲレンデがあり、ここから殺生クワッドリフトで白根火山ロープウェイの山麓駅へ。ここから山頂エリアの本白根ゲレンデへと向かうのだが、山麓駅の横には青葉山ゲレンデがある。ロープウェイの山頂駅に着いてペアリフトを乗り継ぐと、標高2,171mのゲレンデトップに到着!

天気の良ければ山頂からの大パノラマの景色は圧巻のひと言。カメラは絶対に持参して、記念写真は残しておきたい。ちなみに、下記の2枚の写真は妙高方面と志賀高原(横手山)方面。

山頂のリフトは下り乗車もできるので滑走技術に自信がない人やスキーやスノーボードで滑るのが目的でなく訪れても、ゲレンデトップへアクセスすることができる。ロープウェイとリフトの往復がセットになった専用のチケットを発売していて、ロープウェイ山頂駅では防寒靴の無料レンタルまで用意している。
https://www.kusatsu-kokusai.com/winter/course

雪質のいい上部のゲレンデから滑走スタート!

標高の高い本白根ゲレンデの雪質は非常に軽くて滑りやすい。ゲレンデトップから中間のロープウェイ山麓駅まで滑ってロープウェイで回して滑ってもいいし、一気にスキー場ベースまでを滑りきれば、8キロのロングランだ。国内でも指折りのロングコースを一気に滑るには相当な体力が必要になってくるので、必要に応じて休みを入れよう。転倒やスピードコントロールにはくれぐれも注意したい。しかし最長ルート後半部分となる「しゃくなげコース」は、平均斜度10度と緩やか。初級者や家族連れでも安心して3,200mものロングランが楽しめる。

コースガイド
https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0038gc1.htm

ファミリーに人気の天狗山ゲレンデ

ゲレンデベースの天狗山ゲレンデは、コースの長さはそれほどでもないが、コース幅がとても広くて緩斜面が中心。キッズパークがあり、食事や休憩に便利なレストハウスや託児所などもあるので、ファミリーに人気のエリアだ。年末年始の期間中や3月20日までの主な休前日にはナイター営業も行なっている。1月23日と2月20日、3月12日の土曜日はワンコイン、500円でナイター滑走が可能だ。

天狗山ゲレンデの第4ロマンスリフト乗り場付近にキッズパークがある。パーク内にはふわふわ遊具などが置いてあり、スノーエスカレーターを完備しているのでソリ遊びも楽チン。置いてあるソリを無料で使える。小学生以下の子供が対象で、入場料は1日800円、半日500円。子供ひとりに着き、保護者1名は無料。12月下旬から3月下旬の営業予定だ。なお雪遊びのための子供用防寒靴のレンタル(有料)もあるので利用しよう。

また今シーズンから託児所が天狗山チケットセンターの2階に移り、ますます便利になっている。1歳から6歳の未就学児を対象に、1時間1,000円で1時間単位で預けることができる。託児所利用者には特典があり、キッズパークの入場料が子供ひとり無料になり、レンタルスキーまたはボードの料金が50%オフとなる。託児所の営業時間は9時〜12時、13時〜16時。定員は30名。ネットでオンライン予約も可能。
https://www.kusatsu-kokusai.com/winter/kids

パークでも遊んじゃおう!

ゲレンデ内にはパークが3カ所あり、御成山スノーパークにはジグザクラインを、ロープウェイ山麓駅から少し上部のところには初中級者向きの「白根パーク」を設置する予定だ。どちらも雪の状況に応じて1月下旬から順次オープンする。天狗山第4リフト沿いには初中級者向けのウェーブを設置。夏道エリアには中級者向けの2wayキッカーとロールを設置予定で、こちらは2月上旬から楽しめる。
※パーク内容は変更する場合がございます。
https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0038gp.htm

シーズン中のイベントも充実

シーズン中はイベントが盛りだくさん。1月23日には「コーラ早飲み大会」、2月7日は「節分福菓子まき」、3月6日に「大人の宝探し大会」、3月12日は「カレー早食い大会」を予定している。写真はファミリーに人気のイベントのひとつ「親子そり競争」。子供より親のほうが楽しんでいるファミリーが多いイベントで、今シーズンは2月28日(13時スタート)に開催するので、ぜひ参加しよう。
https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0038e.htm

手ぶらで来ても大丈夫、充実のレンタル!

子供用のスキー&スノーボードは90センチから用意していて、大人用のハイグレードレンタルまで充実の品揃え。ウエアも90センチから3Lサイズまであるので安心だ。しかもWEBから事前予約ができる「手ぶらでレンタル」はウエアにグローブやゴーグル、帽子も含めてスキー&スノーボード用具を一式レンタルできて、リフト1日券がついて8,000円(必ずWEBから事前予約し、現地で現金払いのみ利用可)と超お得なプランは魅力的。スノーシューや防寒靴のレンタルもある。
https://www.kusatsu-kokusai.com/winter/rental

ランチはどこで食べるか、悩んでしまうほどの絶品グルメ

草津はランチも楽しみ。ゲレンデベース付近では「天狗山メインレストラン」と「天狗ロッヂ」、「御成山ロッヂ」。ロープウェイ山麓駅横にある青葉山レストラン。そして山頂駅内にある「逢の峰山頂レストラン」があって、どこの食事メニューも、ゲレ食とは思えないほどの美味しさ。広いゲレンデに点在しているだけに、どこかを狙っていくもよし、おなかが空いた時点で最寄りのレストランを選んでも、ぜったいに間違いなく満足できるはずだ。各レストランの人気メニューを紹介しよう!

ゲレンデベース/天狗山メインレストランは480席。ふわふわトロトロのオムハヤシは子供から大人まで大人気。

小さなお子様にはキッズプレートが大人気。ガチャガチャができるコインも付いてくるので、食べた後も楽しいメニューだ。

女性に人気なのは天狗山ロッヂ。定番メニューのロコモコプレートやバターチキンカレーがおすすめ!休憩にもおすすめ。

御成山ロッヂは焼きたてパンが絶品。中でも草津スキー場でしか食べられない「アラビアータ・ベイクドチーズ・カレーパン」は、これまでのカレーパンのイメージを凌駕するほどのスパイシーなカレーとまろやかなチーズとのハーモニー。売り切れ必至。早めに購入しておきたい。

ロープウェイ山麓駅横の青葉山レストランはボリュームも味も最高で本格的な中華メニューを揃えている。五目ラーメンやチンジャオロース飯。お腹いっぱい食べれば、幸せな気持ちでいっぱいになること間違いなし!

山頂駅の逢の峰山頂レストラン。ここまでにおいしいレストランがあって、果たして無事(何も食べず)にたどり着けるかとても心配だが、おすすめはスーパーチキンカレー。大きくサクサクなチキンカツはボリューム満点なので、お腹を空かした若者でも大満足なメニューだ。
https://www.kusatsu-kokusai.com/winter/restaurant

最高のシメは、極上の温泉で!

アフタースキーの定番といえば温泉。この草津は全国にその名前が知れ渡る名湯中の名湯だ。ぜひ帰りは温泉に入って疲れを癒やそう。イチ押しは、草津の中心地、湯畑前にある「御座之湯」だ。草津を代表する「湯畑源泉」と「万代源泉」2種類の源泉掛け流しを楽しめる浴槽が用意されていてるのだ。

駐車場があってアクセス便利な「大滝乃湯」。草津ならではの温泉の楽しみ方「合わせ湯」を楽しむこともできる。美人の湯と言われる「煮川源泉」を使用し、もちろん源泉掛け流し。
http://gozanoyu.com/

晴れているなら、ちょっと足を伸ばしてリニューアルしたばかりの「西の河原露天風呂」へ行くのもいい。巨大な露天風呂は開放感たっぷり。草津の中でも高温の「万代源泉」だが、露天なのでのぼせにくく、いつまでも入っていたくなる心地よさだ。
http://ohtakinoyu.com/

この3つの温泉施設をすべて制覇したいなら、お得な「ちょいな三湯めぐりチケット」を購入しよう。3つの温泉施設を1回ずつ巡ると通常は合計で2100円必要となるが、なんと500円引きの1,600円でOK(利用は各施設1回のみ)。しかも利用期間は無期限なので、次回草津に来たときに、別の施設で使うこともできる。また、使用済みリフト券を持参すれば、3つの温泉施設の入浴料が20%オフになることもアタマに入れておこう。他にも草津町内にある指定ガソリンスタンドでガソリンの割引や道の駅ではソフトクリームが50円引き。さらに利用日の違う使用済み1日券が5枚溜まると1日券と交換してくれる。絶対お得で楽しい草津に、何度でも行こう!
http://sainokawara.com/

草津国際スキー場

草津国際スキー場

ゲレンデトップの標高2,000mオーバーがもたらす良質の雪と絶景、山頂から8kmのロングコースが魅力の草津国際スキー場。もちろんスノーボードも全面滑走可能。スキー&スノーボードを楽しんだ後は、日本一の温泉も楽しめる。創業から100周年を超え、施設やサービスはシーズンを迎えるごとに充実。ファミリーを中心に、幅広い年齢層から人気を集めている。
草津国際スキー場