競技説明

  • スキー アルペン
    • アルペン
    • 回転
    • 大回転
    • スーパー回転
    • 滑降
    • スーパー複合(回転+滑降)
  • スキー クロスカントリー
    • クロスカントリー
  • スキー ジャンプ
    • ジャンプ
  • スキー ノルディック複合
    • ノルディック複合
  • スキー フリースタイル
    • フリースタイル
    • モーグル
    • エアリアル
    • スキークロス
    • ハーフパイプ
    • スロープスタイル
  • スノーボード フリースタイル
    • スノーボード
    • ハーフパイプ
    • アルペン
    • スノーボードクロス
    • スロープスタイル
スノーボード ハーフパイプ

競技説明&ルール

ハーフパイプの名称の通り、まさにパイプ(円柱)を半分にカットしたような形の斜面を滑りながら、左右の壁でジャンプを繰り返す競技です。

選手はジャンプの高さと繰り出す技の難易度で競い合います。難しい技ほど、ジャンプの高さを出し難く、また転倒のリスクも上がりますが、その華麗なトリックの連発は、スノーボードの花形種目とも言われていいます。

見どころ&採点方法

6人制などの複数でジャッジを行い、各ジャッジが100点満点で採点し、最高点と最低点を除いた4名のジャッジの平均点が得点となります。現在は総合評価のジャッジ方式で、全員のジャッジがすべての演技の評価をします。

回転数が高く、ジャンプが高いほど点数は上がりますが、バランスを崩したり、手を付くなど安定感に欠けると減点となります。また、ジャンプ中に、しっかりとグラブができていない場合も減点対象です。

なんと言っても華麗なエアトリックの連発が一番の見どころです。選手は左右の壁を使って5回~6回ほどのトリックを決めますが、その技はシンプルながら決めポーズがカッコいいものや、斜め回転を連続で行う3Dトリックなど多彩。男子は、より回転数の多いトリックや、7メートル以上ものハイエアも繰り出されます。

コース説明

ゲレンデの傾斜を利用してコースが作られ、大会によって大きさが異なりますが、国際大会などではコース幅が左右15~20m、左右の壁の高さは6~7m程度になります。また、コースの全長は120~160m程度となります。

どんな道具を使うの?

スイッチ(反対)方向での滑りができるよう、板の上下が同じ形状になっているツインチップ、もしくはツインに近いスノーボードを使用します。選手によって好みはありますが、硬い板の方が壁を上がる時の重力に耐えスピードを維持しやすく、その力をエアの高さに活かすことができます。

板の長さは選手の身長にも関係しますが、身長が170cmであれば155cm前後、180cmであれば160cm前後の板を選ぶのが主流です。バインディングは足元をしっかりと支えるため、一般的には硬いものが好まれます。さらに、ハイバックの角度を強めに入れ、エッジングを高める選手も多くいます。

トリック(技)解説&難易度

  • 【バックサイド1080】

    つま先で回すフロントサイドよりも、カカト側で回すバックサイドは難しく、現在、男子が行うフラットスピン(注:縦・斜め回転でない横回転トリックのこと)では最高レベル。

  • 【フロントサイド1080】

    現在、女子の中で最もハイレベルな回転技。
    ※フロント10とは、フロントサイド1080のこと。壁の向きと回転数を組み合わせてトリック名を表す。

  • 【キャブ1080】

    キャブとは、フロントサイド側の壁に対してスイッチでアプローチし、スピンするトリック。540度回せば、キャブ540、720度回せばキャブ720となる。キャブ1080は、男子においてはスタンダードなトリックだが、それ以上のスピンになれば難易度が高いトリックに分類される。

  • 【フロントサイド1260】

    男子の中では、最高峰のスピン技の1つで、この12(トゥエルブ)が勝敗の鍵を握るほどのトリック。1260度を超えて、1440度を繰り出す選手が出てくれば、間違いなく世界最高峰の横回転トリックとなる。

  • 【マックツイスト】

    バックサイドの壁で行う前方宙返り。縦回転と横回転が混在する3Dトリックで、前方に1回転しながら横方向に540度回る。回転数は少ないが、見た目が派手でスタイルが出やすいハーフパイプの花形トリック。

  • 【フロントサイドダブルコーク1260】

    縦2回転、横3回転半を組み合わせたトリックで、ハーフパイプでは最高峰のトリックだったが、現在ではさらに難しいスイッチアプローチでのキャブダブルコーク1260を決める選手もいる。

スノーボード ハーフパイプ用語集

バックサイド

左足を前にして滑るレギュラースタンスの場合、背中側、時計回り方向にターンや回転をすること。別名ブライドサイド、ブラインドとも言う。反語はフロントサイド、オープン。

フロントサイド

左足を前にして滑るレギュラースタンスの場合、お腹側、反時計回り方向に、ターンや回転をすること。別名オープンサイド。反語はバックサイド。

スイッチスタンス

本来、選手の持つスタンスとは逆向きになって滑ること。その滑っている姿をスイッチライディングとも言う。

エア

ジャンプのこと。ジャンプする様子のこと。

グラブ

エア中にボードをつかむこと。つかむ手や場所によって、名称が異なり、つま先側をつかむインディエア(インディグラブ)が代表的なグラブトリック。ボードのカカト側をつかみ、身体を捻るトゥウィークは、もっともスタイルが問われるグラブのひとつ。

シフト

上半身と下半身を逆に捻った状態のこと。選手は、グラブに加えて、身体をシフトさせることで、その技の見栄えを良くし、スタイリッシュさを表現する。シフトしているエアの様をシフティとも呼ぶ。正面側に捻るとフロントサイドシフティ、背中側がに捻るとバックサイドシフティと呼ばれる。

360(サブロク/スリー)

スノーボードのスピントリックでは、その名称がしばしば略される。例えば、フロントサイドで360度回した場合には、わざわざフロントサイド360と言わずに、フロントスリーと表現する。同様に、ファイブ(540)、セブン(720)、ナイン(900)、テン(1080)、トゥエルブ(1260)と呼ぶ。

ボトム

ハーフパイプの底のフラットな部分。

R(アール)

ボトムから壁に向かうR部分。トランジションという言い方もある。

ハーフパイプのそり立つような部分。ウォール、バーチカルとも言う。

リップ

エアの飛び出し口となる、壁の頂点の角部分のこと。ちなみにジャンプ台の飛び出し口もリップという。

プラットフォーム

ハーフパイプの上部の平らな部分。選手は、このプラットフォームを歩いてスタート位置に上がることもある。

ボトム落ち

本来、選手はパイプの壁に着地をするが、誤ってボトムの方に着地してしまうことがあり、その行為をこう呼ぶ。衝撃が大きく大きなケガにつながることもある。

ハーフパイプのある主な国内スキー場

競技日程

2/32/42/5 2/6 2/07 2/8 2/9
         
2/10 2/11 2/12 2/13 2/14 2/15 2/16
  男子スノーボードハーフパイプ
予選 19:00~
準決 翌日0:00~
決勝 翌日2:30~
女子スノーボードハーフパイプ
予選 19:00~
準決 翌日0:00~
決勝 翌日2:30~
 
2/17 2/18 2/19 2/20 2/21 2/22 2/23
       

競技日程は日本時間となります。現地の天候などによって変更される場合があります。