ロッカースキーの種類

  • チップロッカー

    チップロッカー

    チップロッカーの特徴
    トップ(チップ)がロッカー形状のスキーはターン前半の操作がしやすく、ターン中はしっかりエッジがグリップ。カーブロッカー、スピードロッカー、アーリーライズなど名称はメーカーによってかなり異なります。
    メリットデメリット
    ロッカーが入っている部分が多い(長い)ほど、エッジの切り替えなどスキーの取り回しが容易になり、少ない(短い)ほど、ホールド感やターンのキレが増します。メーカーによってロッカーを入れる割合はさまざまです。
    おすすめシーン
    グルーミングバーンでの利用がおすすめ。荒れぎみの雪でもスキー操作がしやすく感じます。トーションを使い、トップの食い込ませながらターンするのに慣れたスキーヤーは、最初はとまどうかもしれません。
  • ツインロッカー

    ツインロッカー

    ツインロッカーの特徴
    トップとテールがロッカー形状のタイプはフリースタイルモデルに多く採用されています。理由はスイッチ(後ろ向き)でも滑るから。ジブでの利用を重視したモデルはセンター部分がフラットになっている場合もあります。
    メリットデメリット
    キッカーやジブアイテムにスイッチでエントリーしても滑りが安定する形状。操作性に優れ、スピンもしやすくなります。センターがフラットの場合、強いオーリーが必要なとき、やや反発に物足りなさを感じることも。
    おすすめシーン
    パークで遊ぶフリースタイルスキーヤー向け。センターがフラットなタイプは、ジブでの安定感がさらに倍増。初心者モデルにもツインロッカータイプがあり、ターン後半のテールの引っ掛かりを軽減してくれます。
  • パウダーロッカー

    パウダーロッカー

    パウダーロッカーの特徴
    パウダー向けのスキーは、バインディングの手前までロッカー形状になったものがほとんどです。スキーがたわんだときもトップが浮いて、ディープなパウダーでも優れた高い浮力を発揮します。
    メリットデメリット
    パウダーランに特化しているため、整地やアイスバーンには不向きです。その代わり、オフピステでの力強さは折り紙つき。ディープスノーでも爽快な滑りが楽しめること請け合いです。
    おすすめシーン
    性能をフルに発揮するのはやっぱりパウダーエリア。バックカントリーだけでなく、オンピステでも意外と有効で、ウエストが太めのものが多いため悪雪や春先の荒れた雪でも優れた走破性を発揮します。
  • フルロッカー

    フルロッカー

    フルロッカーの特徴
    ベント(キャンバー)がまったくなく、トップからテールまですべてロッカーが入っているタイプ。オフピステ向け、パーク向けなどがあり、それぞれのシーンで使いやすい設計になっています。
    メリットデメリット
    トップとテールが浮き上がるため、スキーの取り回しが非常にスムーズ。どんなコンディションでもクイックな動きができるのがメリットです。その分、エッジのホールド感は少なくなります。
    おすすめシーン
    オフピステ向けは、やはり深雪を楽しむツアースキーで利用するのがおすすめ。悪雪でも高い操作性を発揮します。パーク向けは、回転性能が高く、エッジの引っ掛かりが少ないためジブアイテムに有効です。

基礎・アルペンスキーの種類

  • 大回り

    大回り

    大回り用スキーの特徴
    全長が長めで回転半径が大きく、安定したロングターンが描けます。身長にもよりますが、男性なら180cm、女性なら175cmぐらいの長さがおおよその目安。レースでは主にGS(大回転競技)に使用します。
    メリットデメリット
    ロングターンで板がバタつかず高速カービングでも安定感が抜群。上級モデルだとフレックスが硬めなので脚力が必要です。サイズが長いため小回りなどの取り回しはしにくくなります。
    おすすめシーン
    基礎系なら大回り種目、レースシーンではGSの競技で有効です。引き締まったバーンを高速ロングターンで攻めるなら、大回り用のスキーがおすすめです。
  • 小回り

    小回り

    小回り用スキーの特徴
    回転半径が小さくスキー全長が短めなのが小回り用スキー。体型によりますが、一般的な長さは160~165cm程度。レースシーンではSL(回転競技)用の板として使用されています。
    メリットデメリット
    取り回しやすく切れ上がるようなカービングターンが描け、流れるようなショートターンが楽しめます。ミドルターン程度までなら対応できますが、どっしりとした安定感を求めるなら大回り用スキーがおすすめ。
    おすすめシーン
    ゲレンデを自由自在に滑るなら、取り回しがラクな小回り用スキーがおすすめ。小回りがきくので、ショートターンはもとよりコブ斜面にも対応可能です。
  • ミドルスキー

    ミドルスキー

    ミドルスキーの特徴
    ミドルスキーは大回り・小回り用スキーの中間ぐらいの長さ。オールラウンドとして分類されることもあります。サイドカーブがキツ過ぎないほどよい大きさで、いろいろな滑りが楽しめる汎用性の広いモデルです。
    メリットデメリット
    カービングだけでなくパウダーやコブなどあらゆる滑りが楽しめます。ファミリー向けから上級者向けまでラインナップも幅広く、一台であらゆるターン弧で滑走可能なコストパフォーマンスに優れたモデルです。
    おすすめシーン
    大回り、小回りどちらも楽しめるのがミドルスキーの魅力。ソフトフレックスタイプが多いので、脚力のない女性やジュニアにもおすすめ。入門用モデルならファミリースキーにぴったりです。
  • スキークロス

    スキークロス

    スキークロス用スキーの特徴
    バンク、ウェーブ、ジャンプ台などがあるコースを複数のスキーヤーが同時に滑り、タイムを競うのがスキークロス。現在、専用のモデルは少なく、大抵の選手が大回り用(GS用)のスキーを利用しています。
    メリットデメリット
    長い板をセレクトするのが一般的で、高速滑走時に安定するモデルがメジャーです。登場して歴史が浅い競技なため、専用モデルをリリースするブランドが少なく、ギア選びに苦労することもあります。
    おすすめシーン
    クロスコースなどのアイテムをクリアしながら滑走するのに最適。走行性・安定性がよく、ピステンバーンでもハイスピードのロングターンが楽しめます。

フリースタイルスキーの種類

  • モーグルスキー

    モーグルスキー

    モーグルスキーの特徴
    コブをアグレッシブに突き進み、エアもキメるモーグル用に開発されたモデル。コブを直進的に進むためカービングスキーよりもサイドカーブがゆるく、全長もやや長めで細めのシェイプになっています。
    メリット・デメリット
    コブ斜面での使用に特化し、直進性に優れ、ほどよいフレックスと反発力をもちエアがしやすくなっています。細身なのでパウダーでは浮きにくく、ピステンバーンの滑走性能もカービングスキーより劣ります。
    おすすめシーン
    モーグルバーンやコブ斜面で板本来の性能をフルに引き出すことができます。小回りが効いてアグレッシブに攻められるので、不整地でも意外と活躍します。
  • ハーフパイプ・飛び&ジブ

    ハーフパイプ・飛び&ジブ

    ハーフパイプ・飛び&ジブ用スキーの特徴
    いずれもパーク向けモデルですが、ハープパイプはフレックスが均一で滑走速度を上げるパンピング運動が容易。飛び・ジブ用はトップとテールがソフトでランディングがしやすいなど、微妙に仕様が異なります。
    メリットデメリット
    形状的にカービングや小回りはしにくいものの、飛んだり跳ねたりパークで遊べるのがこのモデルの最大の魅力。ハーフパイプ用、飛び&ジブ用ともにファットタイプは安定性があり、それでいて反発力もあります。
    おすすめシーン
    ハープパイプ、キッカー、ジブなどパーク愛好者の強い味方。ハーフパイプ用、飛び&ジブ用のどちらをメインに遊ぶかでモデルをセレクトしましょう。ツインチップタイプならスイッチランも楽チンです。
  • ショートスキー(スキーボード)

    ショートスキー(スキーボード)

    ショートスキーの特徴
    全長100cm以下の短いレングスが特徴で、ゲレンデを自由自在に滑れる遊べるスキーです。カービングスキーと同様にくびれた形状、ツインチップタイプ、ファットボディなど種類もさまざまあります。
    メリットデメリット
    高速ターンやキレのあるカービング、パウダーランなどには向いていませんが、小回りがきいてゲレンデで楽しく遊べるスキーです。コストパフォーマンスに優れ、持ち運びが容易なこともいいところ。
    おすすめシーン
    細やかなターンから、キッカーやハーフパイプといったパーク利用まで多種多様な遊び方ができます。取り回しがいたって簡単なのでスキー入門者にもおすすめです。
  • パウダースキー

    パウダースキー

    パウダースキーの特徴
    パウダーや不整地を縦横無尽に楽しめるのがこのモデル。ほとんどがロッカー形状でトップやテールが大きく反っています。抜群の浮力を生むメガファット、ゲレンデ滑走も楽しめるセミファットなど種類も多彩。
    メリットデメリット
    ロングレングスでファットという独特な形状は、機動性の高さやターンのキレを犠牲にしつつも、オフピステで力強い滑りを発揮します。ディープパウダーで抜群の浮遊感が味わえるのはパウダースキーならでは。
    おすすめシーン
    深雪でも思いのままにターンが描け、快適なパウダーランが楽しめます。太めのボディは安定性に優れ、荒れたバーンやザラメ雪などのハードコンディションでもパワフルな滑りが可能です。

オールマウンテンスキーの種類

  • テレマークスキー

    テレマークスキー

    テレマークスキーの特徴
    テレマークもバックカントリーの一種に含まれますが、ノルディックスキーから派生したスキースタイルとして地位を確立しています。歩行・滑走ともにヒールフリー状態で、足を前後に開く滑り方が特徴です。
    メリットデメリット
    細くて軽い板が主流でしたが用具の進化に伴いスキーの滑走性がアップし、今やテレマーク用ビンディングさえ装着すれば、どんなスキーでもテレマークスキーに早変わり。ただし、独特の滑走技術は習得必須です。
    おすすめシーン
    テレマークというひとつのスキースタイルとして楽しめるほか、バックカントリーでも有効。平地の移動がスムーズでシールを着ければハイクもでき、パウダースキーに専用ビンディングを着ければ深雪滑走も快適。
  • バックカントリースキー

    バックカントリースキー

    バックカントリースキーの特徴
    トップやテールに斜面を登るためのシールを装着する穴や溝があるなど、山での使用を考慮した専用機種もありますが、ほとんどがパウダースキーを活用。歩行性と滑走性のどちらを重視するかでタイプが変わります。
    メリットデメリット
    ワイルドな急斜面、ディープパウダーなどあらゆる場面を想定した多種多様なタイプが選べます。どのモデルを選ぶにせよ、本格的なバックカントリーを体験するにはヒールフリーの専用バインディングが必要です。
    おすすめシーン
    ナチュラルフィールド好きはバックカントリー専用または対応モデルが必須。バインディングは、歩行と登りはヒールフリーで滑走時はカカトが固定できるAT金具、常にヒールフリーのテレマークの2種あります。

スキーギアマニュアルスノーボードギアマニュアル